徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

MENU

遅刻する夢を見たが、これほど恐ろしいものはないだろう

遅刻する夢を見た。夢をものすごくみる時期と全く見ない時期があるのだが、ここのところはしばらく見ない時期が続いていた。記憶が飛んだらすぐ次の朝。健康そのもののライフスタイルだろう。方や見る時期となると毎晩のように夢を見出す。それもいい夢じゃ…

32歳と人妻と。

昨日飲み会があった。最近連戦転戦の嵐だったので体内にアルコールの毒素的な何かが蓄えられている気がしているが、そんなことはどうでもよくての話。飲み会までの時間、待ち合わせの場所付近でふらついていた。いよいよ手持ち無沙汰になったので適当に本を…

親父の携帯電話の思い出

特別お題「おもいでのケータイ」 僕の実家は自営業を営んでいる。社員2人。兄弟で社長と専務を務める零細企業。弟の専務が僕の親父に当たる。仕事の都合からであろう、黎明期から父は携帯電話を持っていた。当時の携帯電話なんて本当に読んで字のごとく、携…

終電

何度お世話になったかわからない。「この電車、〇〇行きの最終電車となります…」耳にイカができるほど聞いた文句である。たいていこの文句のあとには、「この電車、車庫に入る回送電車となりまーす」みたいな文句がセットで付いてきて、車掌さんが血眼になっ…

転んだ奴じゃないと転ばぬ先の杖なんて言葉は出てこない

痛いことばかりである。世の中。傷だらけ血まみれになって、かさぶたを何度も剥がしてはタコになる。痛みに慣れた頃に痛みを忘れる。誰しもが転びたくはなくて、誰しもが痛い思いはしたくない。だけど初めて通る道だと、何が凸凹なのか全くわからない。注意…

ミンティアのコピーを見て思うこと

ミンティアって、あるじゃない。アサヒグループ食品 ミンティア ワイルド&クール 50粒×10個出版社/メーカー: アサヒグループ食品発売日: 2014/03/03メディア: 購入: 1人 クリック: 16回この商品を含むブログ (6件) を見る 何気なく電車の中の広告に目をやる…

BiSH「プロミスザスター」を聴いて売れ線を儚む気持ちとは

文句なしにキャッチーな曲である。 www.youtube.com 昨晩公開されたBiSHの新曲、「プロミスザスター」である。「F→G→C」的コード進行を存分に堪能できるわかりやすさ満点の新曲になっている。引っかかりなどない。全生命を代表して清々しく、全生命を持って…

三島由紀夫とであった

本屋の息子に産まれたくせに申し訳ない程度の読書しかしてこなかった。世の中の読書かの方々であればもっとこの境遇を生かして博識高い人間になれていたのだろうが、僕は出来なかった。山のような本に囲まれながら必死にゲームをしていた。本に手を伸ばした…

僕は多分小沢健二のお話を一生できない

幾つかこのブログにも小沢健二についての記事がある。一時期貪り食うように2つのアルバムを聴いていたので、その頃に書いた。 LIFE アーティスト: 小沢健二,スチャダラパー,服部隆之 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン 発売日: 1994/08/31 メディ…

異動と筋肉痛の類似性について

異動先へ初出勤である。この先何年か生きることとなるであろう職場に入り込んでいく。同じ会社、同じ部なのだが、異なるタイプの課である。同じサッカー部内でもフォワードかディフェンスかくらいに違う。一年半、昨日までの職場で働いていた。10年選手が何…