読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

編曲の難しさを感じすぎて痛い

iMac到着後2日で痛感した。

これまでひどく暗くジメジメとした倉庫のような作業環境でせっせと作曲していた。シンセもなければエフェクターもない状況下にて、精一杯の工夫を凝らしていた。

さて、iMacが到着してからというもの晴れて陽の光が当たる場所に出てきて、世界が広がったわけであるが、編曲がいよいよ難しい。

曲のアウトラインだけ作ってそのあとはぶん投げていた昨今の怠惰な作曲。精緻な作業なんてどうせできないんだから、しない。前がかりな諦めを抱いて作っていた。でもこの度、かなりハイレベルな編曲すらもどうにかなってしまうスーパーマシンがやってきてしまった。銀色の黒船である。するとどうせなら精緻な作業をしたい欲が首をもたげる。

いい機材がきたらいい曲は絶対に作れるという確信めいた何かは、驚くほどもろく崩れ去った。編曲のノウハウが僕にはほとんどなかった。ここでシンセを重ねたい。ここでパッドを入れたい。重ねるのは容易いが、重ねた先の音像が想像できないまま重ねるとしっちゃかめっちゃかな曲になる。おでんにマヨネーズをかけたような、ポトフにめんつゆをかけたような、とっちらかった曲になる。

音楽の聴き方を変えなければならないかもしれない。どんな言葉を使ってどんなメロディーでっていうのは、20数年間の人生である程度見識を深めた感はある。次のステージではどんな楽器をどう重ねて曲にしているかを聞き分けなければならない。A5ランクの牛肉も焦がせばただの炭である。僕が作ったようなヘッポコソングは、最高の調味料と最高の調理をしてやっと土俵に上がれるかどうかである。研鑽が求められる。気合い入れて曲聴こう。

こんな熱い思いを持って、仕事します。

何一つ削れない時間

今の今までiMacと取っ組み合いをしていた。やはり期待通り、ものすごく魅力的なパソコンであった。いつまででも遊べる。飽きがこない。使い切れないほどある機能。片っ端から調べることもせず、とりあえず曲作ろうと、行き当たりばったり苦しんだりしている。

そして眠い。でも明日の朝は走りたい。早起きしたい。シャキッとしてちょっとDTM弄ってから出勤したい。もちろん弁当も作る。新しい上司には日頃から両手両足をもがれてボコボコにされている。立ち向かうために義手や義足を用意しなければならない。そう、知識である。目には目を歯には歯を。知識でぶっ叩いてやりたい。と思うと、まじで時間が足りない。何せこうしてブログも書きたいわけだ。いくつものウサギを追いまくっている。今のところどのウサギも捕まえられる感じはしない。

当然のごとく優先順位はお仕事がダントツであり、むしろお仕事に支障きたす全てをやめるくらいの気迫があって然るべきなのかもしれないとかこのところ思うがしかし、iMacくんが真っ黒な画面で微笑んでくれちゃってるもんだから尻尾フリフリ仕事を忘れる。

日付変わる前には寝たい。ここにきて、ベジータ神龍に不老不死を願った気持ちがわかる気がする。強く、タフに、なりたかったんだろう。寝る間も惜しんで悟空を負かしたかったのだろう。なんて健気なんだ。

纏まらないが、とりあえず早く寝て、早く起きて、明日も元気に働きます。時間は作るものである。

iMac、始動

音もなく静かに動き出したそれは、これから先の僕の生活を一変させるに違いないことを確信させた。
台形の段ボール箱に入って届いたiMac。デスクトップといえど、画面の中に全てが入っているため、実にスタイリッシュである。内容物は、本体とマウスとキーボードとプラグ。あと申し訳程度の説明書とクロス。分厚い説明書などはない。石橋を叩いて叩いてぶっ壊して渡れなかった…ってなるような企業に勤めている日々から考えると、「電源つけてみなよ!いいから、電源つけて!」と、突っ込んでから考えろと諭されるようなAppleの指示には童心に戻されるかのような心持ちであった。
懸念されたインターネット接続も、事前に必死こいてプロバイダとの契約書を探し回ったことが功を奏し、スムーズにIDとパスワードを入力して解決した。
そう、かくして、iMacは完全に僕のものとなった。
こうなると早速DTM作成である。事前にインストールしておいたDAWソフトのlogic x pro。彼奴だけで25000円くらいするのだ。アホみたい。買ったからには使いこなすの意気込みで開いたはいいが、あまりにできることが広がりすぎて全く輪郭をつかめずにいる。今までめっちゃくちゃ映りの悪いなかで日テレだけをみてきた人間が、突然えらい綺麗な画質で全地上波+BSまで見られるようになったかのような衝撃。これまでやっていた作業の精度は増し、やれることも格段に増えた。何から始めたものやらわからないのだが、焦ることはない。少しずつ全貌を解き明かしていけばいい。少しずつ操れる範囲を広げていけばいい。だって全ては僕の手の中にあるのだ。今は未開かつ無限の地平が広がっているだけだが、iMacは逃げない。ブログにしろ音楽にしろ、発展への階段に足をかけたことは間違いない。
明日も、明後日も、来月も、僕はiMacと共にある。logicをいじれる。それがどういうことか。
すなわち、支払いは再来月だということである。
気合い入る。まじで。