読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

語尾でニュアンスが変わるのが辛い

今日は楽しかったよー(絵文字)久々にこんなに笑った!(絵文字)また是非飲みましょー!(絵文字)

誰もが送ったことがあるだろうし、誰もが受け取ったことがあるであろう、こんなメール、ライン、メッセージ。上っ面だけ仲良くされてる感が否めない。

もしも、例えば、である。

今日は楽しかったです。久しぶりにこんなに楽しい気分になりました。また是非お誘いいください。こころよりお待ちしております。

これだとどうだろう。どことなく距離を感じる。目上に立ってしまった感じがある。気を使われている。仲良くは無さそうだ。

平成も29年。絵文字、顔文字、スタンプの開発によって、僕らの文章読み取り機能は著しく変化した。それが退化なのか進化なのかはわからない。だが、文面のみで楽しさや嬉しさ、面白さを表現するのが実に難しくなった。

ボキャブラリーの問題だろうか。

本日は桃源郷かはたまた天竺かと錯覚をしてしまうほどに愉快極まりない時を共に過ごすことができて、私、すこぶる嬉しく思っております。再び本日のような宴会を開催できること、ろくろ首も首をすくめるほど首を長くして待ち焦がれております。是非ともお誘いくださいませ。

なんだ、少しだけ感情が見えて来たのではなかろうか。だが、どうしてもくどい。うるさい。生チョコにチョコレートチップトッピングをしてチョコレートソースをかけてるみたいな修飾と形容。既読無視筆頭の文面だ。

スタンプを使わず絵文字も使わない文章にて、どのような感情を表すか。行き着く先が、語尾となる。

〜だわな。とか、〜だよねぇ。とか。日常会話で使ってそうで使ってないけど違和感はそんなにない言葉を語尾に持ってくることにより、感情をうまいこと表出させる。ちっちゃい「ぁ」とか、「ぇ」を駆使して、柔らかさを見せる。

なんとなく語尾で遊ぶのが折衷点になりそうである。がしかし、この語尾遊び、後から見直すとめっちゃ気持ち悪い。ゾワゾワする。ゴビゴビする。

やはり、ボキャブラリーでぶん殴るしか無さそうである。不器用な僕らが生きる道。

現時点において精一杯のクオリティの曲を披露する

iMacが到着してからというもの、寝る間も割りかし惜しみつつ曲作りに励んでいた。あまりに地平が広がってしまったため、ゼロからの曲作りはしんどいなと考え、既存の曲をカバーする方針を取った。選んだのは往年の名曲、「ねえ人事」である。3年前、一生懸命に就活をくぐり抜けながら、世の中の同世代の苦しみ方を加味しつつ作り上げた曲だ。作曲背景に特別思い入れがあるわけではないのだが、人からいい曲だと言われる事が多いため、いい曲なのだなと噛み締めながら新作曲環境一曲目にチョイスした。

何しろこれが第一歩である。機能を把握しながら、ググりながら、立ち止まっては歩き立ち止まっては歩きを繰り返してやっとこさ完成させた。できないからって尻込んでちゃ進まないのだ。絶え間ないトライアンドエラーの果てに次の地平が広がっている。中途半端でも、聞き苦しくても、なんでもいいから曲を仕上げ続ける過程で、どんどんと精度が高まっていく。そう信じている。

当面の課題はどの音とどの音を重ねたらこんな風になるって方程式を自分の中に作る事と、エフェクターの把握、演奏技術の向上である。

音は重ねれば厚くなるけど、うまく重ねないとぐちゃぐちゃになる。逆にうまく重ねたらスッキリした音像になる。ゴテゴテさせず、必要な音を必要なだけ足して曲を作りたいものだ。そのためには音の作り方に強くなるのが不可欠であり、そもそものテクニックを向上させる事も言わずもがなである。

あと動画にすると音がもっさりしてしまうのもなんとかしたいものだ。

恥を承知で、披露する。今後の成長を約束する。

youtu.be

勤め続けるということについてざっくばらんに書いていく

雲のように消えていく考えをどうせなら今のうちに書く。

僕が勤める業界は恐ろしく水物の業界で、風が吹けば桶屋が儲かる然り、バタフライエフェクト然り、1+1が3にも100にもなれば0.01にも簡単になる世界である。不意の出来事が巡り巡ってとてつもない利益を産めば、大損害を被らせる。そんな中で、当たり前のように前年よりも売り上げを確保しなきゃいけないし、目標売上を達成していかなければならない。100パーセント自己ベストが出るコンディションでありながら土砂降りの雨だったりする。そういうことである。

商売という売上至上主義な世界でありながら、誰もが水物だと理解している弊業界の中でどうやって存在感を出していくか。

立派な人だと計算づくの上、平気で前年比を取り続けるらしいが、方法論として理詰めでぶち込める要素が少ないとなると、後は人を巻き込むしかなくなってくる。人をやる気にさせてこいつの為なら働きたいとか、こいつになら上に立ってもらいたいとかって思わせるしかなくなってくる。1人で100頑張っても100にしかならんけれど、100人で120頑張ったら12000になる。やはり、そういうことである。

どうしたら人が付いてくるのか。それはひとえに、確固たる価値観を持っていること。それに尽きる。

大衆迎合にもならず、レジスタンスにもならない、常に自分のスタンスを貫き通し続けること。さらにそのスタンスが誰の目にも明らかに合理的なスタンスであること。こんな芸当できるのだろうかと思う。実に難しい。

十人十色。十色の中でも似たような色があり、そこで共感しあったりする。かけ離れた色には苦い顔をする。空気を読みながら生きるのは簡単だ。しかし、自分の信念を貫き通すのは難しい。人に嫌われないように生きてきたやつは特にそうだ。当たり障りのない会話ほど楽なことはないが、世の中が求めるのはそれじゃないことが多い。お前の考えを聞きたい。お前の判断が知りたい。難しいですよね〜じゃ誤魔化せない、その先の確固たる判断をせねばならない。求められている。

「価値観を作っています」じゃ済まされないのだ。「頑張っています」でもないのだ。「どう考えてもこれはこうでしょ!」と語気を強めて言える何かを持つことしか、人はついてこないし人の上にも立てない。

たくさん判断して、たくさん考えをぶつけて、ボコボコになりながら成形していくよりないのかもしれない。アウフヘーベンである。アウフヘーベン

会社勤めのいいところはこういうところにもあると思う。その辺にゴロゴロ石が転がっているわけで、ぶつかりながらゴツゴツに成形してもらえる。いかにそういうチャンスを作るかは袖の振り方と生き方次第なのけれども。

なんとなく気合い入ったけど寝たら忘れるような夜に書いた話であった。ねむい。まじで。