徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

セックス至上主義

最近よくいく少し風変わりな居酒屋がある。下町情緒を湛えたインド風音楽酒場だ。わけわからんが、これが絶妙に調和しているもんだからすごい。

そこに集う人々と話す。おっさん達である。若くて一回り上の彼らは、それはそれは下ネタしか話さない。清々しいほどに思春期の中学生みたいな話で盛り上がる。それも四十五十の男子中学生なので、男女のそれを知り尽くした上でのアンダーグラウンドトークである。生暖かいなんてもんじゃない。ぐずぐずである。

一回り以上下の僕は比較的ニコニコしながら合いの手を入れる役回りに徹するのだが、たまに主役に引っ張り出される。

「もうさー、25の頃なんてさー、セックスのことしか考えてなかったよね。」「どうやって女の子とねんごろねんねんするかが頭の100割を占めてたね。」「本当に草食なの?」「そんなんじゃ草食ですらねーよ。植物だよ。ただの。」

辛辣なお言葉を数多くいただく。

そうか!もっと性に生き、性に生かされるべきなのか!なんとなく悟り、女の尻しか追わないような人生を一瞬逡巡したところで、これまでの人生とのギャップのせいで全くリアリティを感じられない。なにしろただの草が草を食む動物を飛び越して肉食獣になれというのがまず苦しい。悠久の時を経て進化していくものであり…なーんて、こう、ごちゃごちゃ考えた結果、草になっていくわけである。僕の場合。

セックスを思い、セックスに生きる時期を超えてきた彼らからすると、なんとも情けないところでウジウジしている人間に映るようで、いいから本能に生きろよと言われる。

言う通りだなぁと思う。半分くらい。当たり前のように女の子が好きで、おっぱいも好きで、猿のごとくセックスに明け暮れられるのならそれもいい。大江戸線なんかよりも遥か地下を流れる人類の共通認識を大っぴらにするのを良しとしないで育ち、それがくすぶり続けた成れの果てがこの草だ。セックス至上主義の前にはぐうの音も出ずに捕食すらされない草だ。

不良だったけど更正したやつが偉いみたいな風潮。セックス至上主義もあれに少し似ている。ただ、不良願望よりも性へと突き動かす願望の方がよほど強いあたり、セックス至上主義には芯の強さがある。性を知り、性を遊び尽くした人間しか辿り着きえない感覚がそこにはある。

遊ぶなら今のうちだし、失敗するなら今のうちらしい。たくさん騙されて、たくさん砕けて、生きろと。教訓めいたことを言われると、やはりもっとむちゃくちゃするべきかと逡巡して、無理だっつって、また振り出しに戻る。多分僕は一生めちゃくちゃ遊べないし、一目散にセックスに突っ込んでいくような人間にはなれない。これまでの25年間があまりにも深く根を張っている。強がりでもなく、別にいっかなって思う。草は草なりに気合い入れて種飛ばして生きる。そう言うことにする。

脳内洗浄したい夜

ここ最近のことであるが。寝る間際電気を消して、できることといえば考えることか寝ることかしかなくなった状態。頭の中でグルングルン不安が回ることがある。物の見事に寝づらい。寝られないことはないのだけれども。不快な入眠を経験することとなる。

陸上やっていた頃でさえ、翌日のレースで眠れなくなることはなかった。神経質になったのだろうか。なんなのだろうか。

不安にはいくつか種類がある。少なくとも、今回の話では二種類の不安の差異がポイントとなってくる。一つは未来への不安で、もう一つは過去の不安だ。

学生の頃感じていた不安は、大抵未来への不安だった。うまく走れるだろうかとか、どれだけ走れるだろうかとか。これは期待に近いものがあって、それまでの道のりが全然ダメでも何か神風が吹くんじゃなかろうかと、奇跡を待つ気持ちがそこはかとなく存在していた。もちろん、磐石の状態で臨む明日は、不安に似た期待が脳を埋め尽くした。

大抵寝られる類の不安がこれらだ。

現在脳内を埋め尽くしがちな不安は、圧倒的に過去の自分への後悔が原動力となる。やり忘れはもちろんのこと、何かと時間なくて手が回らなかった諸々が突如として大きな後悔となり脳裏を埋め尽くす。さっきまでなんともない矮小なタスクとして片隅に追いやっていたのに、次の瞬間には猛烈に重要な事項として立ちはだかり、なんで時間を工面して手を回さなかったのかと自分を責める。考えは発展していき、後悔が明日への不安と結びつく。絶対明日すぐ動こう。心には決めるものの、明日はまだ遠い。今すぐにでも不安を取り除きたいのに、会社は遥か彼方。先方が明日出勤なのかもわからない。話が進むのか進まないのかすらわからない。いてもたってもいられなくなる。けど、現実問題寝なければならない。明日酷く体調が悪い一日を過ごす羽目になってしまう。

瞼を瞑りながら、脳みそ取り出していらない不安のところだけ取り出してやりたい気持ちがムクムクと擡げる。できたらどれだけ楽だろう。しかし、暗闇はやはり強く、気づかないうちに眠っており、朝がやってくる。諸事万端もりもり終わらせていきたい1日の始まりである。

結局今夜の快眠は今日の動き次第である。健やかな夜を目指す。

「差し支えなければ」インフレ

職業柄、訳のわからないまま訳のわからないような敬語を塗ったくる日々を過ごしている。

最初は「お待ち申し上げております。」に違和感が絶えなかった。待つって、申し上げるのか?申し上げるってなんだ?待つ?申す?文法のゲシュタルト崩壊であった。だが、諸先輩方がなんの躊躇いもなく使うもので、そういうものかと思って使うようになった。

「お承り」というのもどうも変なようである。「承る」に「お」でダメ押しする形。「遥か前方に全速前進」くらいに力強く意味をダブらせている。ぐうの音も出ないほどに敬い、謙譲している。

たくさんの敬語と敬語もどきを覚えていく中、「差し支えなければ」を違和感なく使えるようになった。「まじで貴方の迷惑にはならないようにしたいんです。けど、迷惑にならない範囲でご協力を仰げれば…」的なニュアンスであると認識している。相手を慮りながら自分の意向を伝える術として、めっちゃ使える。「差し支えなければ伺わせていただければと存じます。」は「まじで貴方の迷惑にはならないようにしたいんです。けど、迷惑にならない範囲で会いに行きたいです。会わせて。」だ。

あまりに「差し支えなければ」が便利なものでここ最近めちゃくちゃに多用しているのだが、段々自分がすげーお節介焼きの押し売り野郎みたいに思えて来ている。

「差し支えなければ是非ご覧くださいませ。」

「差し支えなければ取って参りましょうか。」

「差し支えなければご案内いたします。」

「差し支えなければ晩御飯を頂きに上がってもよろしいですか。」

「差し支えなければ洗濯槽が壊れた洗濯機を差し上げましょうか。」

「差し支えなければ…差し支えなければ…」

「貴様」が使われすぎて見下したり小馬鹿にしている意味が付与されたように、僕の中の「差し支えなければ」も大絶賛スーパーインフレ状態だ。相手が差し支えようが差し支えまいが関係なく、「差し支えなければ」に包みさえすればそれらしく受け取ってもらえる提案ができるみたいな気になる。一歩引いて相手を気遣う上品さを持ってますアピール。たかが言葉端。されど言葉端。

カチッとしたスーツ着て、バシッと髪型キメて、メガネ外して、めっちゃいい香りの香水をそこはかとなくかけた上で、「差し支えなければこの後食事でもいかがですか?」って街行く人に声をかけたら世のナンパも相当うまく行くんじゃないかと思う。

銀座コリドー街に跋扈する皆々様、是非「差し支えなければ」を効果的に使用して頂きたい。差し支えなければで構わないので。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});