徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

MENU

考え

ケンブリッジ飛鳥が野球中継に出ていて思ったこと

不意に野球中継を見ていたら、ゲストにケンブリッジ飛鳥が出ていた。ケンブリッジ飛鳥。なんとも格好のいい単語を二つ合わせたスタイリッシュな名前を冠されている彼は、スタイリッシュな走りでこの度100mの日本チャンピオンになった男だ。勝った山縣より負…

世界史・日本史における、忘れられない単語を振り返る-パート1の予定-

日本人として、人並みに日本語が好きである。母国語であるから、使い勝手もいいし、他言語と比べても負けず劣らず語感が良いと思っている。語呂について熱く語った記事があるので、よければどうぞ。 ktaroootnk.hatenablog.com 中等教育機関、高等学校。暗記…

コミュニケーション力が欲しいなら会話の上での取っ手を生やすべきだと思う

無作為に50人くらい人を集めたとしたら、きっと20番目くらいにそこそこに続いている趣味をもっていると思う。どの程度の愛と時間を注いだものを趣味というかはわからないが、おそらく趣味と言われる類の物事をそこそこに多く持ち合わせている。例えば、音楽…

数学とフィクション

一般項。僕は数列が好きだった。数学が苦手で消去法的に文系を選択をするという、ありがち極まりない文系学生を生きたが、数学の中で一二を争うフェイバリット単元が数列だった。苦手は嫌いにつながりやすいものであるために、数学の参考書を開く回数は極端…

ネットワークビジネスに従事する友人と藍染惣右介

「あまり強い言葉を遣うなよ。弱く見えるぞ。」 とは、みんな大好き週刊少年ジャンプにて連載中の漫画「BLEACH」にて、誌上最大級の黒幕であった藍染惣右介が、氷雪系最強と謳われて久しい十番隊隊長日番谷冬獅郎に投げた言葉である。作者の久保帯人は独特の…

スターオーシャン5を買うか否か逡巡して感じた、レビュー垂れ流し現代社会への疑問

スターオーシャン5っつーゲームを買おうか買わまいか悩んでいる。スクエニ傘下、トライエースが世に出し続けているSFファンタジーである。 スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness- 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス 発売日: 2016/03/31 メ…

立ち飲み屋は何故立たせるのか

立ち食いそばもそうだ。何故立たせる。 人間の最大にして原初の欲求である食欲・性欲・睡眠欲の三大欲求は、極力荘厳で静謐な環境にて満たされなければならない。違いない。不可能な状況下もあろうが、極力、そうでなければならない。違いない。 なのに、何…

絶対に地震が来るのに、どうして僕たちは東京で暮らすのでしょうか

従姉妹がドイツに嫁いでいるため、僕にはドイツ人の義理の従兄弟がいる。この間うちの愛すべきばあちゃんが天からの招集についに応じてしまったこともあり、従姉妹と義理の従兄弟が2人で日本に来た。で、昨日会ってきた。 単語の羅列とmaybeとyou know?の連…

大原櫻子「キミを忘れないよ」に感じる率直な違和感

最近ラジオからよく流れてくる、大原櫻子さんの楽曲。 健康的な弾き語りを聴かせてくれる。安心して電波にも乗せられるし、テレビにも出られる。本人もマスコミも視聴者も嬉しい、三方良しのアーティストである。最近頻繁に耳元に垂れ流している大森靖子とは…

心に「響いた」って表現が全く心に響かない

「響いた」っていう言葉が好きではないかもしれない。あんまりこれまで意識してこなかったけれども、「響いた」嫌い人間かもしれない。鐘が「響いた」ならわかる。鳴り「響いた」のもわかる。心に「響いた」ってなんよ。『心に「響いた」幾つかの言葉』って…

「ultra soul」と「タマシイレボリューション」の魂へのアプローチの違いについて考察する

魂、ソウル。人の根源、命の源である。 ultra soulとタマシイレボリューション。なんつーか、ネーミングセンスの塊のような2曲である。前者はB’z。いつだったかの世界水泳のテーマソングとして大ヒット。市民権を得る。後者はSuperfry。2010年のワールドカッ…

くしゃみの仕方をカテゴライズする 〜あなたのくしゃみはどのタイプ?〜

時と場所を選ばず、奴はやって来る。 春が一歩また一歩近付く季節。木々がやれ繁殖、やれ生殖とポイズンパウダーを撒き散らしている。うっかり吸い込んじゃったお茶目さんたちは、挙って鼻から濁流を流し、目からは美しさとは程遠い雫を零す。伴って、くしゃ…

18年間住んだ北見を思う

今週のお題「好きな街」 北海道北見市に生まれ育つこと18年。その後東京に出てきた。 北海道産 玉ねぎ 2Lサイズ 20kg 出版社/メーカー: 開拓ショップえぞえぞ メディア: その他 この商品を含むブログを見る 東京には何でもある。全くもって、なんでもある…

牛乳と豆乳の違いから学んだコク

味音痴です。わたくし。 好き嫌いがないのは非常に人生においてプラスなのだが、なんでもおいしく食べられてしまうが故、どれも甲乙つけがたい味となり、舌がうまく育ってくれなかったらしい。目を瞑って食べた食べ物を、ズバリ当てるゲームで受験戦争を行う…

北海道新幹線開通の意義を考える

北海道に新幹線が通る。鉄道界隈はざわついているやらいないやら。 headlines.yahoo.co.jp JR北海道の社長も埋まらない席を虱潰してもらうのに躍起になっているらしい。 今月26日に開業する北海道新幹線。 東北新幹線を延線し、新青森の先に「奥津軽いまべ…

中島みゆき「地上の星」さくっと考える

風の中のすばる 砂の中の銀河 でお馴染みの地上の星。現在放送されているプロフェッショナルの前身番組的な存在。いやむしろ、ノンフィクション仕事人シリーズの草分け的な番組、プロジェクトXの主題歌として大ヒットした。 歌手はご存じ、中島みゆきである…

よく考えたら変な商品名 「お~いお茶」

お〜いお茶 英訳してしまえば、Hey,Tea. 伊藤園 おーいお茶 緑茶 525ml×24本 出版社/メーカー: 伊藤園 発売日: 2014/05/12 メディア: 食品&飲料 この商品を含むブログを見る 伊藤園の大ヒット商品である。お弁当のお供に、会議のテーブルに。比較的どこにだ…

自炊にしようか外食にしようか

お金を払って便利と安心の味を取るか、節約して労力と想像のつくの味を取るか。家路の永遠の課題である。家庭があれば、家族がいれば、一択なのだろう。迷うことなく一目散に家に帰るに違いない。しかし、咳をしても1人だし、家に帰れど1人だ。家具はニトリ…

ほおづえをつく女の歌詞考察記事がここに来てざわついている

昨日夜から、当ブログにささやかな変化が訪れている。 変化の中心にいるのはこの記事である。 ktaroootnk.hatenablog.com 何気なく、日課のようにアクセス数を確認したところ、普段の3倍近い数のアクセスがあり、内容を見てみるとほぼこの記事へのアクセスで…

Mr.Children NOT FOUNDについて。便宜上パートワン

サザン、B'z、ミスチル 彼らは日本のバンドとして恐らくそう簡単には揺るがない地位を固めている。J-POPと呼ばれる非常にメジャーなステージで、長年活躍しているモンスターたちである。多分半歩遅れてドリカムやスピッツ、GLAY辺りが位置しているんじゃなか…

平成初頭生まれにとってのスマップ スマップ解散危機に寄せて

起きたらスマップが大変なことになっていた。ヤフーが教えてくれた。 news.yahoo.co.jp ニッカンとスポニチも報道したらしい。 真偽は定かじゃないかもしれないが、真実だとしたら、きっと芸能界において大変なことだろう。ユニクロや任天堂が解体されたくら…

社長は凄いのか、偉いのか。

会社の数だけいる存在、社長。零細企業でも、大企業でも、CEOだなんだと肩書きを変えながらも必ずいる、社長。 特に大企業の社長はテレビとかにもよく出てきているから、実家にいる頃から見る機会があった。しかしもっぱら不祥事があって謝り倒している姿を…

文章力とはなんなのか

文章力がある、ない。文章力がついた。文章力をつけるためのたった5つの習慣。脱・文章力。 まるで空を掴むような力、文章力。最近は雑談力だ、人間力だ、何かと名詞をパワーメント化しようとする動きが目立つ。いや、それに力をつけても正体がわからんだろ…

頑張りたい日のガラスのブルース歌詞考察

ガラスのブルース。BUMP OF CHICKEN最初期の曲で今もなお絶大な支持を集める曲。ボーカル藤原が17とかそこらの歳で作った曲である。BUMPをそこそこ知っている人であれば誰でも知っている曲であり、ファンの中では有名すぎてむしろ好きというのが憚られるくら…

陸上の何が楽しいの

この問いをどれだけ受けてきたか。陸上部に長くいればいるほど尋ねられる質問だろう。走っているだけ、辛い、ゲームでもない、そしてひたすらに辛い。陸上を取り巻くイメージは、原始的かつ人間の本能をくすぐる競技の割にはポジティブではない。確かに、箱…

ディズニーの年パスを買って、ドトールよりも安くディズニーでコーヒーを飲むために

贅沢とはなんだろう。サラリーマンになって、学生とは違う、経済力を手に入れた。学生時代、バイトもしないで走ってばっかり楽器弾いてばっかりいたからか、実は大して贅沢のできていないやもしれない現在のような財務状況でも、ものすごく裕福な生活をして…

意識高い系は人類の進化形である

昨今、ちょっと真面目に生きようとすると、すかさず飛んでくる言葉。「意識高いねぇ!」 意識が高いというのは、ほんの少し前まで、向上心があると訳せていたはずだった。しばらく締切まで余裕ある提出物をささーっと仕上げたり、プラスアルファの勉強をした…

「鬱」を科学する

ひとえに、今鬱々としているわけだ。仕事がもう回らないこと回らないこと。上司からブン投げられる仕事と、自ら電話を取った所為で呼び寄せる仕事と、ルーティンワークと、営業から投げられてくる仕事とで、四次元ポケットがいっぱいなのだ。あーもうやだ!…

人間関係はなぜに面倒くさいか

人間は考えるべくして考え、考えて淘汰されていった生き物だ。 ktaroootnk.hatenablog.com この記事で、そのあたりの事はつらつらと書いている。大きな口に特化したいきもの、視力に、脚力に、嗅覚に、触覚に特化したいきものがいるように、人間は思考に特化…

伊勢正三 「ほおづえをつく女」の歌詞を考察する

伊勢正三が好きだっていうのは、何度も書いた。母、叔父、叔母、あらゆる人の影響を受け、満を持してかぐや姫を好きになり、南こうせつよりも伊勢正三に惹かれた。何がいいとか、どんな人なのかとかは、正やんについて書いたこの記事をぜひ見て欲しい。独断…

365記事目 ブログを続けるためには。

おかげさまで、1年まるまる書き続けたことになりました。ご愛読ありがとうございます。誰の愛も受けてなくても言わせてください。仲のいい人とか、とにかく一緒にいることの長い人と、どれだけ絆が深いかを思う時、この人といる時間を凝縮したらどれくらいの…

キリスト教系の幼稚園を出て、思うこと。

無宗教国家日本。 形として仏教を信仰している人が多いが、仏を思っているかといえばそんなことはなく、法事の時だけ仏教徒の皮を被る人がとても多い。 我が実家も例に漏れず浄土宗を標榜はしているものの、なぜか家に神棚がある。神仏集合という鎌倉時代最…

言葉を考える

世界の共通言語は笑顔です!うふふ。なーんて歌が流行ったこともあった。ああ、なるほどな、言葉なんて実はいらなかったりするのか。笑顔や泣き顔、身振りや手振りで伝えられることの方がよほど貴重で愛おしいものなんだ。一理も二理もあるなぁ。そう思った…

紙袋が捨てられない

買い物という買い物について回る袋。レジ袋、紙袋。レジ袋はゴミ袋になりうる。地域によっちゃ、レジ袋のままゴミ回収に出せてしまう。便利だ。じゃあ紙袋は。紙袋はどうだ。プレゼントには欠かせない。レジ袋に入ったプレゼントなんて、ありがとうおめでと…

新聞を取り出して一か月目で感じること

先月から日経新聞を取り出した。ビジネス界のバイブルと称され、絶大な信頼を得続けている新聞。月4500円ほどの出費と引き換えに世の中の流れを知ろう。 そもそも家にテレビが常設されなくなってから、世間で何が起こっているのかにものすごく疎くなっていた…

へんないきものからの決意

早川いくをのへんないきものが好きだと、以前書いた。書いたせいで、ものすごく早川いくをの文書を読みたくなった挙句、買った。へんないきもの へんないきざま。へんないきものの時はイラストだった生き物も、写真となり、立派な図鑑として機能している。面…

なぜ人は旅行をするか。

どうやら日本はいま観光立国ってのを目指しているようで、海外からの旅行客をいかに増やし、どれだけのお金を落としてもらうかを考えに考えているらしい。旅行に来てもらう時のファーストチョイスに上がるべく、外からみた日本像と自分たちが思う日本像を擦…

鬼怒川から思わされたこと

鬼怒川が牙をむいた。読んで字のごとく、鬼が怒った。何の罰なのか、人類は心当たり有りすぎてわからない。 豪雨と豪雪どっちが困るかなぁって、道民は考えることが多いんじゃないだろうか。流れる物か残るものか。流されるか押しつぶされるか。正直、3/11の…

一人暮らし淘汰

最近、あんなに大好きだったサッカーを追わなくなった。リーガエスパニョーラの選手有名どころの選手なら八割九割把握して、バルサレアルアトレティコあたりの選手は控えまで覚えていた中学時代。当時の熱意はもうない。 ゲームもしなくなった。寝ても覚めて…

宇宙について

今週のお題「いま学んでみたいこと」 英語やらなきゃ。経済について勉強しなきゃ。政治って何。戦争するの。オリンピックのロゴって何。 知らなきゃいけないことはたくさんあるけど、知りたいことと一致するとは限らない。往々にしてそんなもんだ。中学高校…

誰かの期待に応えたい人生

今週のお題「一番古い記憶」 最古の記憶について書けと、ブログから振られたので書く。 最古の記憶だと自信を持って言える記憶なんてないのだけれど、まあ古いであろう記憶をたどってみる。作られた記憶でないであろう記憶をたどる。 いくつか思い当たる。2…

スランプにならないために、抜け出すために。

スランプ。どうしても上手く行かない時期のことを指す。日常、そう使っている。本来の意味は知らない。辞書的な意味も知らない。部活をやめて、OBとなってから、後輩たちの記録が気になるようになってきた。自分が選手の頃は部活のホームページなんてほぼ見…

小沢健二から学ぶ、歌。

小沢健二を度々聴く。ウォークマンに入っているアーティストたちの中にあれば間違いなく聴く方に入る。アルバム2.3枚を聴いている程度の好きさでしかないといえばそうなのだが。大好きで聴き込んで聴き込んでってしてないのに、あーだこーだ言うのはナンセン…

押韻の文化を考える

海外の、いわば欧米の歌を聴いているとよくわかるが、語尾で韻を踏む。チャックベリーやらニールセダカやらのポップス黎明期から語尾で韻を踏む文化が浸透している。さらに考えてみれば、古代中国の漢詩(李白とか杜甫とかの時代の)では、七言絶句では二句目…

オンリーロンリーグローリーに見る、応援のエッセンス

今朝通勤途中の電車内でいつものようにシャッフルリピートをしていたら、オンリーロンリーグローリーが流れてきた。幾度となく聞いてきたが、やはり良い。ものすごく頑張ろうという気にさせてくれる。BUMPとともに青春を歩いてきたからこその感情だろうか。…

いきものがかりのライブで思ったこと

いきものがかりのライブに行ってきた。横浜アリーナ。音楽は好きだけれども、ライブにはそう頻繁にいかないので、初のアリーナライブ。特別いきものがかりに懸けているわけじゃない。今回もこの上なくお世話になった先輩に、ものの見事に誘い出されての参戦…

~~な人への違和感

辛いの苦手な人なんだー。 睡眠時間5時間でもなんとかなっちゃう人なんだよね。 私って、こういうものなのです。と、自分を紹介する時、この〜〜な人という表現をよく耳にする。無意識に使ってもいる。 辛いの苦手です! 寝なくても大丈夫です! って断定す…

キャッチコピーに思うこと

この間、どっかのメガネメーカーの広告で太陽は、敵だ。ってキャッチコピーを見かけた。イチローがサングラスかけてキリッてしてる上に文字が踊っていた。その昔、なんとなくコピーライターってものに興味を持った時期があり、広告のことばがどうのという本…

エネルギー保存の法則から哲学をする

去年の冬のめっちゃ寒い多摩川でぼーっとしたときに、宇宙の始まりについて考えたことがあった。すると宇宙はなんらかの生物ないしは物体の生殖活動における突然変異から始まったんじゃないかって考えに至った。そもそも無から有が生まれるのは変だろうと。…

ズボンかパンツか問題

これは実に根深い。老若男女関わらず、全世代を巻き込んだ内なる問題なのではないか。 ファッション感度の高い人々にはパンツで浸透しているであろう、二股に分かれており片足ずつ穴に通すことで下半身に召す、あの服。 ズボン。 特別ファッション大好きでは…