徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

MENU

音楽

BiSH「My landscape」が公開されて暫く経つが、考えがまとまらない。でも書く。

BiSHの新曲。 暫く前に公開されているけれども。 www.youtube.com BiSHといえば、楽器を持たないパンクバンドというコピーを標榜している。 パンクと言って、どんなバンドを思い浮かべるだろう。 音楽のジャンル分けなんてあってないようなものだと思ってい…

ようやっと僕はピロカルピンについて書く

ピロカルピン 僕が物陰から、静かに見守っていたバンドだ。 ギターボーカルの松木さんとギターの岡田さんによるユニットの形を今は取っている。 どこでどうやってバンドが結成されて、どんな略歴があるのかとかの話は、オフィシャルサイトに譲る。僕自身、ピ…

体に染み付いた曲順

パワプロにえらくハマっていた時期があった。中学生の頃である。選手を育成する「サクセス」というモードを延々と繰り返し、プレステ2のメモリーカード一枚を選手データでいっぱいにするほどに遊んだ。ほとんど狂っていた。守備職人として鍛え上げた「守 守(…

「いつまでが僕らのBUMP OF CHICKENか」問題

BUMP OF CHICKEN www.bumpofchicken.com 彼らに関してはいくつか記事を書いている。僕ら平成一桁生まれが音楽に興味を持った頃、絶大な人気を誇ったロックバンド。 思春期という時期特有の、自意識と葛藤がガッチャガチャになった感情に寄り添い解きほぐすか…

台風を待つ夜に、ショパン「雨だれ」について書く

雨だれの入り口 父の方針だと思うんだけれども、実家の朝は必ずクラシックが流れていた。父の作業用BGM。伝票書くにも、料理作るにもクラシック。で、息子もいざ作業に向かう時、クラシックをBGMにすると捗る。歌モノだとほぼ確実に歌ってしまって作業になら…

ガガガSP「線香花火」

これを観た。 www.youtube.com 同じ地元の2個上の人間ですげー懸命に生きている人間がいて、彼は知り合いの知り合いとかを除いた自分の友人の中では多分一番懸命に生きていて、僕は懸命な姿を後ろの方から観ている。高校の頃2個上の割に仲良くしていたところ…

セブンのおでんCM ありがとうおでん「BiSH・おでんの歌」を見て思ったこと

たまたまYouTube見てたら流れてきた。 と、思ったら、それだけの動画もあった。 www.youtube.com いよいよ売れにかかってきているようである。 CMの内容は単純。おでんのCMにおけるおでん讃歌だ。 おでんのヘルシーさにがっつりフォーカスし、生活習慣に悩み…

ピーターポール&マリーを改めて聴いてみて

月末と期初だというのにお休みをいただいている。連休である。日頃積もった諸事を片付けている一環に免許の更新があった。 視力測って写真撮って、初回のため2時間の講習を受けて帰って来た。講習は初老のおじちゃんが鼻詰まりしたようなズーズー弁で交通事…

思えば遠くまで来たものよ

往年の曲を録音し直した。 往年 www.youtube.com 今日 www.youtube.com その間、四年。 宅録というのは本当に奥が深く、人様の曲を聴くとどうやって撮っているのでしょうかと思うほどに音質が良いものばかり。その度に情けない気持ちになる。 iMacを買ってか…

ギターボーカルという絶対正義

問答をする隙間すら与えず、泣く子も途端に口をつぐみ、悪代官だって紋所を突きつけられたようになる存在、それが、ギターボーカルである。ことバンドにおいて、ギターボーカルの存在感は百発百中で当たる一撃必殺技の如き殺傷能力を備え、民主主義的解決を…

andymori「投げKISSをあげるよ」は大丈夫じゃなきゃ聴けない

小山田壮平という稀代のロックンローラーを擁して、3年くらい前まで活動したバンド、andymori。命を燃やし尽くして歌を吐き出している感じがどうしようもなく好きで、解散しようが壮平が死にかけようが新しいバンドを立ち上げようが聴いている。 彼らの三枚…

BiSH「Nothing.」のMVが公開されたのでめっちゃ洗濯物畳んでこれ書いてる

寝ようと思ったんだけれど公開されてしまっているものは見なければならず、見たところどうしても眠れるような状況じゃなくなったため、シャワー浴びるの明日にしようかなとか、食器洗うの明日でいいやとか、そういうの全部済ませてから机に向かっている午前…

BiSHの幕張メッセ公演の映像を見て思ったこと

去る7月22日、敬愛するBiSHが幕張メッセワンマンを敢行した。キャパ7000人。sold out。そこそこな地方自治体一個分の人口が集った。BiSHを観るために。先だって発売されたミニアルバム「GiANT KiLLERS」の楽曲を核として、往年の曲も交えての公演。遠くから…

「結論から話してください」と伊勢正三の相入れなさはどうかしている

端的に。端的に。結論から。結論から。 上司も暇ではない。限りある時間を有意義に使うことがやはり昨今の働き方改革を率先垂範するためには不可欠である。要点を押さえ、かつ、冗長な情報を削ぎ落としたソリッドな言葉で報連相。核心だけを掴む難しさをここ…

NHKの朝の情報番組「おはよう日本」の時報についての考察

敬虔な日本国民の一人として、僕は学生の頃からNHKにお金を納め、より良い番組制作を全力でバックアップする姿勢を取っている。頑ななまで企業名や商品名を紹介しないNHKの「国民みんなの放送局だよ!宣伝しないよ!だからお金納めてね☆」って集金方法に応じ…

スピッツという故郷について、時処位論より考える

陽明学だったろうか、「時処位の論」という考え方がある。 孔子だ老子だ孟子だと、聖人と言われる人々がいるわけだが、現在、彼らの言動をまるまる真似したところで、それは意味ないよね。時と場所と立場によって聖人たる振る舞いの方法は変わってくるよね。…

BiSH「プロミスザスター」を聴いて売れ線を儚む気持ちとは

文句なしにキャッチーな曲である。 www.youtube.com 昨晩公開されたBiSHの新曲、「プロミスザスター」である。「F→G→C」的コード進行を存分に堪能できるわかりやすさ満点の新曲になっている。引っかかりなどない。全生命を代表して清々しく、全生命を持って…

僕は多分小沢健二のお話を一生できない

幾つかこのブログにも小沢健二についての記事がある。一時期貪り食うように2つのアルバムを聴いていたので、その頃に書いた。 LIFE アーティスト: 小沢健二,スチャダラパー,服部隆之 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン 発売日: 1994/08/31 メディ…

北山修作詞の歌詞に秘められた覚悟と寂しさ

一昨日我が家と叔父夫妻で飲み会をした後、叔父と二人でカラオケバーに行って二人でさんざん歌った。両親のおかげで50代60代の方との最大公約数的楽曲に多少の耳なじみがあるおかげで、叔父とも盛大に盛り上がれる。現在68歳の叔父だ。年の割には若くて、肌…

マジックミラー

私のゆめは 君が蹴散らしたブサイクでボロボロのLIFEを 掻き集めて大きな鏡を作ること 君が作った美しい世界を みせてあげる 大森靖子の代表曲となっているマジックミラーの一節である。 先日縁あって大森靖子のライブツアーのファイナルに足を運んだ。しば…

Stage of the ground

昨日夜からBUMP OF CHICKENのこの曲が頭を離れない。 www.youtube.com だいぶ前にBUMPのサードアルバム、jupiterについての記事を書いた。 ktaroootnk.hatenablog.com その時、少しだけStage of the groundについても触れた。BUMPの人生大肯定ソングである。…

BiSH ~僕が好きになった2組目のアイドルグループ~

BiSHなるアイドルグループが出てきている。たまたまYoutubeのおすすめ動画で出てきたのを聴いてから、むさぼるようにBiSHばっかり聴いている。BiSHと出会って3日ほど。BUMPを知った時以来の熱量で一人のアーティストを追いかけているかもしれない。 BiSHとは…

ゆるめるモ!の動画をほんの少し観ただけの感想

ゆるめるモ!なるアイドルグループの存在を知ったのは大森靖子の動画を見たのがきっかけであった。靖子ちゃんの新曲「ぐっとくるSUMMER」でフィーチャリングされているあのちゃんって子がゆるめるモ!のメンバーであり、靖子ちゃんとあのちゃんが2人でユース…

全く体系的でないRADWIMPS評

新海誠氏の最新作、「君の名は。」が公開された。新海誠さんの作品は「秒速5センチメートル」を、150センチメートル進む分くらいに区切ってあるCMを見ただけだ。切なさを受注生産する作風である程度は知っている。その「君の名は。」の主題歌を歌っているの…

恋愛サーキュレーションとミライボウルから考える女性が歌うヘタウマラップの可愛さについて

ポルカドットスティングレイしか聞かない日々を抜け出し、ネバーエンディングビーチなるシティポップを消化した後、僕はいま恋愛サーキュレーションしか聞いていない。 www.youtube.com 恋愛サーキュレーションとは、化物語なるアニメに登場する千石撫子とい…

ポルカドットスティングレイのテレキャスター・ストライプをここの所暇があれば聴いている

ここ二日くらい、ずっと聴いている。家にいるとき、パソコンを開いている時はほぼ聴いていると言っても過言ではない。 www.youtube.com ポルカドットスティングレイ。なんて語呂のいい単語なんだと思ったら実在するエイのことらしい。アマゾン発、飼育できる…

思い出の音色

実家にいたころ、ちょっとしたドライブに行くときは必ず車の中にCDをたくさん持ち込んだ。片道一時間ほど。アルバム一枚聞いて終わるか否かの時間しか車の中にいないのに、洋楽邦楽構わず2枚組のベストアルバムのような大ボリュームなCDを5枚も6枚も積み込ん…

CDを買う理由

昨日仕事帰りにCDを買った。新譜だ。何を買ったかってのと、レビューなんかはちゃんと聴いた後、時間ある時に書いていこうと思う。 CDはもう売れて行かないらしい。散々言われている。CD付き握手券や、CD付きコンサート抽選券と揶揄されるCD。もはやあれに関…

「ultra soul」と「タマシイレボリューション」の魂へのアプローチの違いについて考察する

魂、ソウル。人の根源、命の源である。 ultra soulとタマシイレボリューション。なんつーか、ネーミングセンスの塊のような2曲である。前者はB’z。いつだったかの世界水泳のテーマソングとして大ヒット。市民権を得る。後者はSuperfry。2010年のワールドカッ…

春になると小沢健二を聴きたくなる電車内 会社へゴー

春の陽気だ。杉の木が我先にと子孫を残すべく種パウダーをブンブン振りまき、吸いこんじゃったおっちょこちょいさんたちの鼻腔口腔をボッコボコにする。あぁなんて素敵な季節。故郷にもどうやら春の便りが届いているようで、道という道がダカールラリーのコ…