徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

MENU

マッサージ

人に体を触られるのが好きなのかもしれない。美容院ではシャンプーされるのが好きだし、小さな頃は親父に耳かきしてもらうのが好きだった。そしてその延長線上に整体・マッサージがある。別に凝ってなくたって、なんだっていい。ただ、マッサージをされたい…

ごめんよ、身体

人を突き動かす情動は数多ある。怒り、喜び、愛。しかし、恐怖と痛みはどの感情も比肩し得ないレベルで人間を動かす。拷問がそうだ。恐怖と理性を天秤にかけさせる。痛みが迫る、死が迫る恐怖と、理性。究極の瞬間がそこにはある。お腹痛くて会社を早退して…

汗〜数ヶ月ぶり数回目の胃腸炎

汗が、汗こそが、全てを洗い流す力を持っている。僕は確信している。 何に当たったかわからない。わからないが、猛烈な腹痛と腹下しマンと化している。最近どうもパッとしないな、どうも喉や鼻がグズグズしているな、もやもやするな、そんな折に食べた鳥刺し…

チャンピオンズリーグ決勝

中学生の頃よくサッカーを観ていた。WOWOWではリーガ、スカパーではチャンピオンズリーグ。朝早起きしては親父と並んで観た。 その始まりの頃。僕がサッカーに興味を持ち始めた頃、イスタンブールの奇跡が起こった。ミランに前半ボコボコにされながら、ジェ…

よく通った店のマスターに会ってきた

突然電話が鳴った。スマホを見てみると、しばらく行っていなかったインド料理屋のマスターの名前があった。一時期足しげく通ったのだが、引越しで錦糸町を離れたこともあり相当ご無沙汰してしまっていた。ひとたび足が離れると再び行くきっかけを掴むのが難…

日大アメフト事件で抱いた感想ぜんぶ

我が家は日大閥の一族だ。父親が日大芸術、伯父は日大鶴ヶ丘高校から日大。母方の祖父・伯母も日大。見渡す限り広がる日大。環境がそんなだったから、幼少期に箱根を見てた時なんかは問答無用で日大を応援していた。外国人留学生が入ってきてから強いチーム…

結局バック・トゥ・ザ・フューチャーを全部観た

あっけなかった。次、次、と勝手に物語が進んでいった。 1985年、1955年、2015年、1885年。四つの時代の違う時間軸をいったりきたりしながら、マクフライ君がタネン君をぶん殴った歴史が正史となっていく。タネン一家側からすると2015年のビフがスポーツ名鑑…

Back To The Futureを多分15年ぶりくらいにちゃんと観た

何を隠そう、めっちゃ面白かった。 初めての鑑賞ではない。はるか幼い頃、WOWOWか何かで「三部作一挙放送!」的な特集組みをされているBTTFを観た。テレビの前ベタ付きで三作とも観てたんだけど、きちっと覚えているのシーンはほとんどなかった。1だとダンス…

依頼されての作曲が思いの外辛くて溶けそう

心のまま思いのままに曲を作るのと、誰かに依頼されて曲を作るのと、結実する行為は「曲を作る」で同じでも、その実は全く異なっていることを、最近思い知っている。 大変な制作依頼である。趣味で頑張ってきた人間が、突然表舞台に立たされようとしている。…

心の欲する所に従って矩を踰えず

最近好きなことして生きていく的な記事をよく目にする。日銀券よりも自分がやりたいことをする方が尊いと、自分がやりたいことをやり続けて認められてきた人たちがケーススタディとして教えてくれている。その価値観はよくわかる。ここのところサラリーマン…

お金という動機の弱さ

給料が低いとゴネている人がよくある。話をしてみると、大概やってる仕事に対しての不満が大きく、「こんなにしんどい思いをしているんだから金をくれ」的な論理であることが多い。時給百万くらいを口の中に突っ込めば黙るのかもしれないが、一般企業にそん…

疲れた

陸上ばっかりやっていた高校生の頃、レースが終わった後に疲れたなぁって家に帰る。あの時は少し清々しいような気持ちだった。結果が出ていたし、結果の出方もわかりやすかった。いま、ちょっと似た感覚だ。自分が火種になった企画がうまーく燃え上がり、い…

中華料理屋にて

かなり疲れてる感じがする本日23時。中華料理屋にて定食を食べている。隣の席の団体は30代くらいの男女。男2人に女3人。めっちゃめちゃ地元の人間なのだろう。相当深い思い出話をしている。小学校の頃から高校まで、時代が乱れ飛びながらの話。あれ覚えてる…

ELLEGARDENが復活するということは

ELLEGARDENが復活するということはすなわち、ELLEGARDENが復活するということである。すると言わずもがな、ELLEGARDENは復活するし、当然のごとくELLEGARDENは復活する。ELLEGARDENの復活に際して僕はELLEGARDENが復活するんだなと言った心情を抱き、それはE…

読点のタイミングが来ているのに構わず語尾を上げて文章を紡いでいく話し方が嫌だ嫌いだ大嫌いだ

「あの件ってどうなってる?」と僕が訊いたとしよう。 相手が応える。 「〇〇課に申請書は出してます。あと、〇〇さんに確認してOKもらいました。それと販促の媒体も作ってありますので、あとでメール確認しておいてください。」 みたいは返事が返って来たと…

飯くらい美味そうに食えよ

つまみしか食べずに飲み明かし、うっすらと白んだ空を見上げながら、通りがかったラーメン屋に入る。気が大きくなっているのか、ほうれん草とかを無駄にトッピングしたりして、カウンターに座る。そんな誰が見ているわけでもない場末のラーメン屋では、案外…

iPhoneの画面と人間性

割りたいわけじゃない。画面が、割れることを、止まない。事の発端は大分前だ。そう、去年の晩秋だったような。家のテーブルからコトンと落ちた。すると、斜めにうすーく線が入った。これが全ての始まりだった。派手にクラッシュしたわけでもなく、静かに静…

イチローにチャンピオンリングを

50になっても現役とか、日本球界には戻って来たくないのかとか、事実上の引退とか、諸々言われてるけど、ごく個人的には、イチローがマリナーズでチャンピオンリングを手にしてくれればそれだけでいい。2001年のマリナーズは文句なしに強くて、イチローも大…

仙川へ

ごくごく親しくしている友人同士が結婚する。このパターン、実は2組目なのだが、なんというか心のコミット具合でいったら今回の方が大きい。違和感とか、不安定さとか、ぐらついた部分をほとんど感じない、素敵な夫婦である。僕の感性とも大変近いところに2…

火種のパイプ化問題

これが最近めっちゃ面倒くさい。 自分がやりたいっていってぶち上げた企画があり、時間と熱意を捧げて成功へと邁進している。いよいよ形になってきて、さて蓋を開けてどこまで人が集まるやら、商売が繁盛するやらとワクワク半分、ドキドキ半分の大変生産的な…

就活を採用する側から考える

学生たちに弊社を啓蒙する仕事に携わっている。通常業務に加えて他のプロジェクトに関われるのは大変楽しいことだが、それでも「残業するな」「休め」と声を大にする弊社の可愛い無茶振りはなかなかのものだ。 降りしきる無茶振りの雨の中、少なくない数の学…

RIP SLYMEが好きだったから

そういえばRIP SLYMEが好きだった。 出会いはいつだったろう。そうだ、小学生の頃だ。当時、ゴルフを習っていた。北海道の大地、余りまくった土地には、たくさんのカントリークラブや打ちっ放しがある。男気ある打ちっ放しの社長が毎週土曜日に子供ゴルフ教…

ヤマモトヨウジのコートを貰った

ヤマモトヨウジといえば落合陽一しか出てこない世の中になりつつある。さておき、前職場で一緒に働いていた敬愛すべきおしゃれおじちゃんからヨウジヤマモトの春コートを貰った。「いらない服あるからやるよ」って、着払いで沢山のスーツが送られてきた中の…

経営者と労働者と

最近、サッカーをあまり観ていないのだけれど、ハリルホジッチの解任騒動に乗じて色々な記事を読んだ。サッカーにおいて監督がどれだけ大切かって話から、戦術の変遷まで。現代サッカーにおいて、守備はフォワードから始まるらしい。ハイプレスをかけて高い…

羞恥と惨めの記憶

恥ずかしいとか惨めとかの記憶ほど、頭の深く深くまで定着するものはない。英単語や数学の定理が羞恥とセットで常に覚えられたのならどれだけの万能戦士になれていたろう。羞恥に塗れすぎて心が持たなかったかもしれない。 幼稚園の頃ですら、羞恥の記憶があ…

スースーVS体調不良 umpire覚せい剤

今、年末ぶりの体調不良が襲ってきている。寒気、喉と目の奥の痛み。典型的な風邪の症状である。手洗いうがいを少し怠っていたかもしれないなと自省しながら、真摯に真摯に体調不良と向き合う所存でいるが、どんな態度を表したって体調は上向かない。風邪菌…

人を見る仕事について

人事っぽい仕事に少し携わっている。就活戦線の火蓋が切られた4月より、当社に興味がありそうな学生たちに声をかけては会うようなナンパな仕事を何の気なしに振られた。折角やるならとぽつぽつと真摯に取り組んでいる次第である。別に評価するわけじゃなく、…

芝刈りの匂いとノスタルジー

最近、走っている。気分が乗った時に気分が向いた方向に走っていく。3パターンくらいのコースがあって、どれも一長一短。交通量や舗装状況、距離なども鑑みて走るコースを決めている。特に好きなのが海岸沿いのコースだ。浜辺のように開けた公園があり、そこ…

学びのための学び

学生時代、特別勤勉なわけではなかった。毎日復習やってたらどれだけ成績が上がっていただろうと今でも思う。勉強しないなら部活やるな走るなと部活の顧問に発破をかけられて、止むに止まれず勉強しだした高2の冬。数列の単元だけ復習を欠かさなかった。それ…

コンテンツからコミュニティに

昨日10年来の付き合いの旧友と会った。10年なんて簡単に経つんだね、嘘みたいだね、あのときこんなことがあったあんなことがあった、今何してる。ざっくばらんに飯を食いながらお話しすることやや三時間。話は尽きないが時間は尽きて行く。旧友は大学時代か…

スポンサーリンク