徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

MENU

また歌います

最近大いに歌いまくっている。お呼びがかかる自分を誇らしくも思うが、ライブに呼ぶという行為がライブハウスの方々にとってきっとそこまでハードルの高いものではないのだろう。あいつ声かけたら出んじゃね?くらいなもんだ。きっと。

歌にも演奏にもコンプレックスありまくり人間なんで、勝負はもう曲しかないわけだ。誰にもかけないであろう曲を書くことで自分が歌う意味を見出すしかない。ど真面目な曲を書いてもいいんだけど、そうすると世の中のソングライティングする方々とガチンコ勝負になってしまう。勝てない。だからなんとか自分の山を作って、そこで一番になってやろうとする。超逃げ腰の一等賞を狙い続けている。

あいわなびーうぃずゆーとか、守りたい会いたい抱きしめたいとか、そんな言葉を歌ってかっこ付くのは歌唱力のダイヤモンドや演奏技術のプラチナたちだけで。自分のような石ころがやって格好がつくものではない。じゃあ磨けばいいじゃんって?それなりそれなりの努力はしている。それなりでしかないけど。

 

だから何を聴いてほしいかって、曲を聴いてほしい。歌とか、ギターとかじゃなく、曲を聴いてほしい。実は面白いことを言っていたり、さりげなくギンギラギンなことを歌っていたりしているから。

 

曲の良さを邪魔しないことの難しさについては、後日また何かの機会に。

結局うまくなるしかないようです。

スポンサーリンク