徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

MENU

金曜日に物申す

サラリーマンの、サラリーマンによる、サラリーマンのための曜日。金曜日。街では一週間ためにためたストレスをビールで流し込み、吐しゃ物と共に吐き出すサラリーマンが大挙している。その自傷行為から何が生み出されるのかは甚だ知らない。

倒れ込む彼、叫ぶ彼、しゃがみ込む彼女、千鳥足の彼女。秩序なんてあったもんじゃない。秩序のない団体が、秩序なく乱れているのだ。応仁の乱を中6日で繰り返しているも変わらない。日野富子も毎週の大混乱に泣いて逃げ出すだろう。

度々狂乱の渦に加わる。大挙する群衆の一部分になって週末を戦い抜く。その時はいい。渦に加わっているときはいいんだ。傍から見ているとあれはいけないなぁと思う。酒と週末と休日のカクテルは治安を悪化させ、翌日をなきものにする。

せっかくの翌日休みだ。これはしっかり帰ってぐっすり休んで、完璧な体調でスーパー満ち足りたホリデーを過ごそう的な発想にならないものか。度々うねりに加勢する身としても知りたい。なぜあの休日前の退勤後はただで帰りたくなくなるのか。

休日前の飲み会で何度翌日をダメにしたか知れない。せっかくの休みを、ゼロベースかプラスに持っていく休みじゃなく、マイナスからゼロに近づけるだけの休みにして終わらせてしまう。あの虚無感。絶対同じ轍は踏まないと決め込んで、確実に同じ足跡に踏み入れる。

どうか、もっとまともに乱痴気騒ぎをしたいものだ。まともじゃなくなる方法での乱痴気騒ぎは、当日から翌日にかけてのダメージがでかすぎる。夜の掃き溜めに吸い込まれることなく、十分な幸せとカタルシスを得られる休日直前の乱痴気を、探したい。

冷静に俯瞰した金曜日はあまりにも雑多で、その日暮らしのエネルギーが爆発していた。どうか、建設的なエネルギーを。どうか、少なくとも翌日に響かないエネルギーを。求めたい。

スポンサーリンク