徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

MENU

平日だからって朝何もできないのは嫌だ

日曜日の朝に元気に動けるかわりに、月曜日の夜は眠くて仕方ないわけで、結果として不本意ながら電気をつけながらラジオを付けながら、あらゆる生活の香りを残した中で睡眠を決め込んだ。

何しろ10時就寝である。22時である。まだ身長を伸ばす気かと。どれだけ重力を横たわりながら受けたいんだと。

そもそも、夜の時間にどこまでの張りが生まれるかはたかが知れている。風呂も入り、晩御飯も食べた至福の環境下で、睡眠以外の何かに集中しろっていう方が間違っている。副交感神経が眠れと囁く。抗えない。

探せばやらなばならないことなんていくらでも出てくる。山ほどではないにしろ丘ほどには出てくる。だがしない。目をつぶる。喉元に切っ先を突き付けられている課題や仕事は別である。しかし遥か彼方で鳴った砲撃の音が聞こえたくらいでは動じない。睡眠が一番だ。気づいた時には弾丸に体を貫かれているのは目に見えているのだが。

22時に寝て、一度起きた。夜中、おそらく1時くらいに。うーわ、電機もラジオもつけてるよ…って思って、全部消して寝て、次に気づけば6時半だ。

平日の6時半と休日の6時半のモチベーションの違いったらすごい。休日だったら心地よく起きられてしまう。よし、今日は何をしよう!なんだってできる!なんだってできる!対して平日はなんにもできない。やることありすぎてなんにもできない。起きなければならないのは圧倒的に平日だというのに、やらねばならないのも平日だというのに、エネルギーに満ち満ちられるのは休日。平日に疲れ切っていないのだろうか。だから休日にヘンに張り切れてしまうのだろうか。もっと追い込めということか。

なんにもできない平日がどうしても嫌で、何とか何とか時間を贅沢に使ったふりをしたいとこんな朝に一生懸命キーボードを叩く。そうだ、やろうと思えば忙を縫って何でもできるのだ。心を亡くすほどに忙しくはない日常だがしかし。

さあ物憂げレインと肌寒エアーが煙をまく東京の街に繰り出す。雨が降る度冬がやってくるのを何とかしてほしい。来るな!来るな冬!