徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

MENU

サイレントギターに合わせてアンプを買った

こいつを買いました。

 

 

サイレントギターを買い、やや二か月。常にヘッドホンを通してギターを弾いていたのだけれども、いよいよ物足りなくなってきた。僕はギターだけを弾きたいんじゃない。歌も歌いたいのだ。晴れた日の朝に近所迷惑も顧みずにぎゃんぎゃん歌い騒ぎたいのだ。ヘッドホンも悪くはないが、歌った時に声がこもる。骨伝導バリバリのこもり声が自分に帰ってくる。そして何より切ないのが、第三者目線である。しんと静まり返った部屋。サイレントギターのしっとりした微弱な音を伴奏に叫び散らす男。たまったもんじゃない。こんな休日を見たら親は泣くだろう。親不孝者になるわけにはいかない。

つーわけで、買ったのがエレアコ用のアンプ。

大きさ的にも一昔前のラジカセくらいの大きさで、持ち運びも簡単!電池でも動くから路上ライブも対応!なんとウォークマンにもつなげて、ラジオも聴ける優れもの!チューナーにもなるよ!エフェクトもかかるよ!

五得アンプみたいなことを押され、なにしろアコギ用のアンプの選択肢が少ないのもあり、トントントンと購入を決めた。

買ってみて、確かに非常に使いやすい。

結局エレアコなわけで、アコギみたいな鳴りを求めてはいない。エフェクトかけてなんぼのギターだと思えば、アンプだけでここまで事足りていくのは非常にコスパはいいのではないか。エレキの音もしょっぱいながら再現できるので、一人遊びにはもってこい。いよいよ外に出なくなってくる。

あとはルーパーを買ってお手頃MTRを楽しめるようになれば、ちょっとした音楽館になれる気がする。皆様おいでやす。

路上ライブをごり押しされたけど、果たしてする日は来るのだろうかなぁ。

しかし、ライブはしたいなぁ。具体的に動きもせずに、ギターを抱っこしながら夢見るサンデー。悪くない。悪くないぞ。