徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

MENU

寝起きの喉の痛みが酷い

ものすごくのどが弱いです。

扁桃腺か咽頭か。知ったこっちゃないが、体の変調がいの一番に現れる場所が喉だ。これまで散々苦しめられてきた。いわゆる喉ちんこが舌にくっついてしまうほど腫れた事もあった。大きな口を開けると肥大してゼラチン質がブルンブルンしている喉ちんこがコンニチハしていると思ったら、間もなく僕も寒気にブルンブルンした。頭はぐるんぐるんしていた。

最近こそ、社会人たるもの体調管理も仕事のうちですと言い聞かせ、うがいにうがいを重ねてガラガラ。ポージングは見上げてごらん夜空のゴロゴロ。大分改善されてきた気はしていた。

しかし、やはりいざと言うときに皺がよるのが喉である。この度突然寒いところに来たもので、敏感センサー咽頭扁桃がご機嫌な返答を返してきた。腫れ腫れユカイ。

何しろ寝起きがワーストモーメントだ。寝起きの喉の痛さったらない。朝起きた瞬間に寝起きドッキリで巌流島に流されていて、武蔵と小次郎の決闘が行われんとしていたって固唾を呑んで見守れない。ゴクリ…ってしたもんなら、ぁぁぁっ!って決闘に差し水ぶっかけてしまう。気が散った方が敗れたり。

母もアレルギー持ちで、丁度耳鼻科に出かけるとのことで、ついていって喉を診てもらった。

医者は、全て鼻が悪いと。鼻が悪くて鼻が詰まるから口が開いて喉を痛めるのだと。鼻がバルサでいうイニエスタ、旧ユーべでいうピルロかのように語った。君のアレルギー体質が悪の根源である。その体質、その鼻とこれからずっと付き合っていくわけで、現状から良くなることなんてないのだから、喉痛くなったって対症療法ではなく、根源の鼻にアプローチしないことには何もよくならない。アレルギー体質に生まれた我が身を恨むのだなフハハハハ

ざっと、こんな事をいわれた。鼻らしい。どうやら鼻が悪いらしい。睡眠中に鼻がつまり、口開いてるから喉痛いんだ。鼻の膿が喉に落ちるから炎症起きるんだ。なんて分かりやすい理論。

幸いにも先生は鼻の症状をよくするお薬をたくさん出してくれた。清原氏の一件で世の中がクスリにデリケートになっていると言うのに、大量服用を強いられた。因みに現時点で鼻には全く症状がない。これは果たして喉良くなるのでしょうか。

一生懸命、せめてものと思い、喉シュッシュを欠かさないでいる。対症療法が愚かだとしても、何かしたくなるのは人の常。事件は鼻で起きているんじゃない、喉で起きているんだっ。テンッテンテンテレン

投薬による悪の根源鼻の不調撲滅運動が1クール終わる頃、僕はもう北国を離れてしまっている。幸せな結末が巡りくる事を願ってやまない。今夜君は僕のもの。今夜喉はどうなるの。