読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

ゆるめるモ!の動画をほんの少し観ただけの感想

ゆるめるモ!なるアイドルグループの存在を知ったのは大森靖子の動画を見たのがきっかけであった。靖子ちゃんの新曲「ぐっとくるSUMMER」でフィーチャリングされているあのちゃんって子がゆるめるモ!のメンバーであり、靖子ちゃんとあのちゃんが2人でユーストかなんかで流した動画がyoutubeに上がっていたのであった。

あのちゃんの性格諸々を僕は全く知らないのだが、どうしようもなくものすごく危険な雰囲気を持った子であった。靖子ちゃんはなんとなく計算尽くの危なさであったり、メンヘラと解ってメンヘラをやっているようなところがあるが、あのちゃんは原石そのままのメンヘラを感じさせてくれる言動を見せてくれていた。

そこから逆引きのごとくゆるめるモ!の動画を拝見したのだが、まったく緩められる余裕がないほど、メンバー4人全員が各々に危険な雰囲気を醸し出してくれており、最早はりつめるモ!であった。

僕はドストライクのAKB48世代であり、AKBの中で誰が好きかで大まかな女性のタイプを決めるのが当たり前な思春期を過ごしてきた。会いに行けるアイドル。クラスにいそうなアイドルとしてブランディングされたAKBを、アイドルの代表格として刷り込まれた僕ら世代にとって、確かにどこにでもいそうな可愛い子たちではあるんだけれどもなんとなくそれとなくヤバい香りがするゆるめるモ!みたいなアイドルグループに新鮮さを禁じえない。スケバンが流行った後にミニスカが流行るように、うまくバランスをとりながら生きていきたい傾向がある人間諸君にとって、スーパー日常グループの隆盛後はちょっと危なげアイドルグループが受け入れられだすのだろう。

どの程度の規模のアイドル活動を展開しているグループなのかまったく把握していないのだが、少しずつでもゆるめるモ!の動画を観ていきたいと思う。何しろオススメの動画にはゆるめるモ!がいっぱいなのだ。