読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

やりたいこと欲しいものリストを今作った

何も為しえなかった一日。

それが一人で過ごしたものだと、余計に空っぽが身に染みる。行こうと思えば山にも登れただろう。やろうと思えば10のお金を15くらいにはできたかもしれない。一生懸命背伸びをすれば格好いいスーツを作れたはずだ。しかし今日一日は何もなく終わり、誰とも会うことなく朝日から夕陽、夜空へと繋がっていった。

僕はこういう一日が堪らなく好きである。

学生時代に幾度となく過ごしてきた終日の暇。当時は翌日の部活が憂鬱であり、今となっては翌日の仕事が懸念である。あらゆることから目を瞑り、あらゆるものにとらわれることなく、目の前の興味関心にのみ夢中になり、気付けば寝る時間になっている。翌日に待ち構える高く大きな壁に心がげんなりしながらも、ぼんやり眠りにつく。

何かをやろうと思ってもできなかった学生時代とは違い、社会人になり薄給とはいえ小金をいただくことに成功している。つまり、いくらでもお金を払って何かを為せるのに、現在過ごしている何もない無為とも思える一日を選びとっているのである。机の上と紙の上、文字の中とイヤフォンの奥、液晶の内側に広がる世界も素敵であるが、一日を終えようとしている今、たまには物や記憶に残る休日を過ごしてみるのもいいかもしれないと、思いついた。比較的現状満足しがちな気質の持ち主なようで、どうしてもやりたいことやどうしても欲しいものがあまりない。無いなら無いなりに生きていくスタンスは、倹しい生活には適するものの、発展がないだろう。グッドリスナーがグットソングライターになるがごとく、グッドコンシューマーはグッドビジネスマンになるに違いない。

以下、最近の欲しいもの、やりたいことをざっくばらんに記述していく。

 

・スーツがほしい

背抜きのスーツはたくさんあるものの、冬用のスーツが足りない。戦闘服である。いくらあっても構いやしない。

・靴がほしい

一時期のランニングシューズが今の革靴である。いくらあっても構いやしない。

・椅子がほしい

微妙な高さの机が我が家のダイニングだ。スツールが一つあってもいいかもしれない。

・新聞紙をスマートに保管したい

保管しなくてもいいから、処分するまでの期間を景観破壊することなく保存したい。散らかりがちである。

・作曲ツールがずっと欲しい

多分エレキもメンテに出さなきゃいけないし、シールドも買わなきゃいけない。何なら無料ソフトから抜け出して有料ソフトを買ってもっといい音で録音をしてあげたい。昨今の作曲への倦怠は環境が整っていないことがきっと大きい。いいマイクが欲しい

・ブログでなんとなく広告収入を稼いでみたい

アドセンスの仕組みはわかるものの、ブログに課金してまでのことなのかと躊躇しがちである。一度冒険してみたい気がする。もっと真剣にものを書くかもしれない。

・ゲーム環境を整えてみたい

生まれと育ちがゲーマーである。ゲームに没頭する才能はあった気がする。最近めっきりご無沙汰しているが、ブックオフやヨドバシ、ゲオのゲームコーナーは大好きである。そこそこのテレビを買って、もう一度ゲームの環境を整えてみたい。やるかどうかは別として。

・時を止めて本屋に住みたい

気持ちをわかってくれる人がいると信じている。乱読したい。頭の中に雑念が何もない状態で、一気に本を読み進めたい。活字を追いながら仕事のことを考えて、気が付いたら全く内容が入っていないまま数ページめくっただけとかってことが最近多い。

・パンツと靴下の総買換え

唐突に買い換えたくなる。しばらく買い換えたかったことを忘れて、また買い換えたくなる。ファストファッションのお店で構わない。買い換えたい。今は買い換えたい。

・しばらく来ていない服の総整理

服にあまり未練はない方である。ガンガン処分してやりたい。

・全く開いていない大学時代の教材の総整理

やりたいんだけど、いつか人生に迷った時にもしかして開くんじゃないかと思って中々手が付けられない。何しろ当方心理学科である。可能性はなくはないだろう。しかし棚は圧迫している。

・ギター収納ラックが欲しい

今、僕の隣には、キーボードとパソコンの画面に挟まれた状態のサイレントギターがある。窮屈そうに隙間にハマっている。今ギターの類が家に5本あるのに対し、ラックは2本しかない。まとめて収納したい。

・そもそも、家が狭い

こればっかりはどうしようもない

・ライブをしたい

多分電話一本で何とかなるんだけど、何故電話しないのかわからない。やればいいのにと思うが、やらない。もったいない。

・京都に行きたい

何回か行ったが、ひょいっと旅をするには良い距離だし、いい街だと思う。一週間くらい高跳びして、洛中洛外回ってやりたい。

・自転車が欲しい。

多分買ったら相当乗るんじゃないかと思う。前職の影響で、スピードへの探求心は強いはずだからだ。現状でもママチャリで相当の冒険をするのだから、ガッチガチの自転車を買ったらどうなるやらわからない。

・オーケストラを聴きに行きたい

実家にいたころはピアノを習っていた伝手もあって、頻繁にそういったコンサートに足を運んでいた。最近Youtubeで不意にN饗を聴いて、またどうしても聴きたくなってきた。

・小商いをしてみたい

公務員でない限り誰もが皆商売をしている訳だが、商売と見せかけた作業となりがちである。元は他人の会社に入ってサラリーマンしているのだから当然っちゃ当然である。また、日本の風土からして歴史の長い企業ほど若いうちは作業に追われがちになる。小商いへのあこがれは尽きない。

・ネクタイ買いたい

直近で数が必要である。いくらあっても構いやしない。

・どうやら台湾はいい所らしいから行ってみたい

台湾は本当にいいという。知らないけど、いいらしい。ここ3日くらいで台湾トークを何人もの人からされたから、余計に台湾特需が高まっている。2泊3日で構わない。小龍包を胃袋に敷き詰めたい。

・その前に富士山に登りたい。

苦しみが伴うのを承知で、我が国に生まれたのなら一度は昇りたい。風光明媚で穏やかな季節が良い。

・気兼ねなくツイッターとかフェイスブックとかを使える心臓が欲しい

自己顕示欲が恐怖に負けて何もできないでいる現状が非常にもどかしい。自分語りを全友達に垂れ流す心臓が欲しい。

・フェスに行きたい

多分ずっとフェスに行ってみたいのだと思う。音楽に乱舞したい。わけわからなくなりたい。

・オリジナル楽曲をカラオケに入れてもらいたい。

どうすればいいんだろう。ごくドメスティックな界隈で需要があると聞いている。なんとかしたい。DAMに持ち込みたい。

・バンドは組まなくていいから作った曲を誰かに演ってほしい。

ずっとうまい人たちに、ずっとうまい演奏で、オリジナル曲を弾いてほしい。お金払ってでもいいからこれはやってほしい。音源にしてほしい。

 

 

手が止まったので、このあたりが現状の欲望らしい。将来のビジョンとかではなく、今動けばいくらでもできそうなことに絞って欲を自由にさせてみた。出てくるものである。なんか、すっきりした。

近い将来にでも、叶えてやりたい。自分のために。