徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

MENU

セックス至上主義

最近よくいく少し風変わりな居酒屋がある。下町情緒を湛えたインド風音楽酒場だ。わけわからんが、これが絶妙に調和しているもんだからすごい。

そこに集う人々と話す。おっさん達である。若くて一回り上の彼らは、それはそれは下ネタしか話さない。清々しいほどに思春期の中学生みたいな話で盛り上がる。それも四十五十の男子中学生なので、男女のそれを知り尽くした上でのアンダーグラウンドトークである。生暖かいなんてもんじゃない。ぐずぐずである。

一回り以上下の僕は比較的ニコニコしながら合いの手を入れる役回りに徹するのだが、たまに主役に引っ張り出される。

「もうさー、25の頃なんてさー、セックスのことしか考えてなかったよね。」「どうやって女の子とねんごろねんねんするかが頭の100割を占めてたね。」「本当に草食なの?」「そんなんじゃ草食ですらねーよ。植物だよ。ただの。」

辛辣なお言葉を数多くいただく。

そうか!もっと性に生き、性に生かされるべきなのか!なんとなく悟り、女の尻しか追わないような人生を一瞬逡巡したところで、これまでの人生とのギャップのせいで全くリアリティを感じられない。なにしろただの草が草を食む動物を飛び越して肉食獣になれというのがまず苦しい。悠久の時を経て進化していくものであり…なーんて、こう、ごちゃごちゃ考えた結果、草になっていくわけである。僕の場合。

セックスを思い、セックスに生きる時期を超えてきた彼らからすると、なんとも情けないところでウジウジしている人間に映るようで、いいから本能に生きろよと言われる。

言う通りだなぁと思う。半分くらい。当たり前のように女の子が好きで、おっぱいも好きで、猿のごとくセックスに明け暮れられるのならそれもいい。大江戸線なんかよりも遥か地下を流れる人類の共通認識を大っぴらにするのを良しとしないで育ち、それがくすぶり続けた成れの果てがこの草だ。セックス至上主義の前にはぐうの音も出ずに捕食すらされない草だ。

不良だったけど更正したやつが偉いみたいな風潮。セックス至上主義もあれに少し似ている。ただ、不良願望よりも性へと突き動かす願望の方がよほど強いあたり、セックス至上主義には芯の強さがある。性を知り、性を遊び尽くした人間しか辿り着きえない感覚がそこにはある。

遊ぶなら今のうちだし、失敗するなら今のうちらしい。たくさん騙されて、たくさん砕けて、生きろと。教訓めいたことを言われると、やはりもっとむちゃくちゃするべきかと逡巡して、無理だっつって、また振り出しに戻る。多分僕は一生めちゃくちゃ遊べないし、一目散にセックスに突っ込んでいくような人間にはなれない。これまでの25年間があまりにも深く根を張っている。強がりでもなく、別にいっかなって思う。草は草なりに気合い入れて種飛ばして生きる。そう言うことにする。