徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

MENU

ブログで稼ぐという月面宙返り

ブログ飯なんて言葉が出てしばらく経つ。ブログで稼ぐ人は確かに一定数いて、昼夜面白い記事を量産したりしている。

拝読させていただいているブログの中で、きっと稼げているであろうブログを種類分けすると、簡単に3パターンに分けられる。役立ちブログ(アフィリエイト込み)と文才ブログとプロップスブログである。

構造は簡単で、世の中の便利情報を面白おかしくわかりやすく伝えているブログ群が一つ、日常のなんでもないことを圧倒的な筆圧で尖らせて世に放つブログ群が一つ。それらの群の中でレジェンド的な活躍を見せたブログ群が一つ。

いわゆる文才ブログをやっている人が認める文章の勢いたるやすごい。そりゃ書籍化できるよねって思う。鍛錬の成果なのか、マジでキーボードをぶっ叩きまくる才能に恵まれたのかはわからないが、自分の持ちうる言葉数と文の展開の仕方との隔たりがあまりに著しいものだから、興味がわく。興味しか湧かない。

対して、秀才タイプと言ってもいいであろう役立ちブログをやっている人もまたすごい。書籍化っていうか、論文書けばいいじゃんって思う。理路整然と自然な展開で世界を説明してくれていたり、商人よろしくAmazonを貼りまくったり、大衆の流れを掴んでいる。どんなに背伸びしたってそこまで趨勢を読み取れない。やっぱすごい。

労働を通してお金を稼ぐ大変さを知るのはよくある話だ。だが、ブログでお金稼ぎしている人たちを見ると、別の角度からお金稼ぎって大変だなと感じる。ぶっちぎりに文字を書く能力か、ぶっちぎりの分析と理路整然力。どちらかがないと全く話にならない。どちらにせよ異次元の所業だ。

とりあえず僕はお金稼ぎよりも台所の食器を片付けなければならない。目を逸らすな。