徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

込み入った文章が書けなくなってきているPart2

全ての道はローマへ通ず。山道だって、登山道は違えど頂は一緒。四方山の諸々はたいていいくつかの真理に収斂していく。世界各地で似たような諺があるのも、諸事がパターン化できてしまうからだ。

ブログを書く中で、僕はどうしても一本道を作りたがる。Aという事象をA'と一般化し、BもCもA'で括れちゃうよね!って話をしたがる。根気良く3個くらい記事読んでいただくとわかる。だいたいどれもこれもそんな感じだ。一本線を引いて、これも似てるこれも似てる!ってやる行為。繰り返し続けるとどうなるって、たくさんの線を引けなくなる。どういうことか。AとBとCとDと…ってたくさんの事象を挙げて、そこからΩを抽出しましょう。という考え方ができなくなる。苦手になる。

日頃自分が考えられる程度のことしか考えないからこうなってくんだなぁと痛感する。まじ痛い。大怪我。毎度転んで、考える意志を硬くして、気づけばまた書いてしかいなくなるのはわかっているんだ。そろそろやめねばと。思うが易し。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});