徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

MENU

賭けるものと面白さ

白井健三。ひねり王子と呼ばれ、押しも押されぬスーパーな体操選手である。彼の空中のめちゃくちゃな動きに日本がざわめく。あの回転、すげー難しいんだろう。想像に難くない。

あれに日本が湧くのは何故か。それは着地しているからだ。
今、スカイダイブして、キリモミ回転しろと言われたら比較的容易いだろう。白井健三も顔負けの回転を見せて、散る。白井健三の凄さは着地できる程度かつ最高に難しいひねりを入れている点だ。と、素人は思う。
人生もキリモミ回転だ。ぐるんぐるん回りながら落ちて行く。度々踊り場に出会い、仮着地をしながら死ぬまで落ちていく。度々の踊り場でそこそこの着地を見せられれば、それまでのキリモミ回転は幸せだ。ファインプレーになる。さりげなく大転倒していても、立て直して今平然としているのであればそれもよし。
たかだかこれまでの人生だが、同年代でもいろんな回転をして今に至っている。面白い回転の仕方をして、怪我しながらでも元気に今もなお落っこちている人は面白い。魅力的だ。なんとなく、この人の人生には勝てないと察する。
悲しみの果てに何があるかなんて
僕は知らない 見たこともない
エレファントカシマシが歌う。悲しみの果ての着地は面白さを生む。教えてあげたい。