徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

MENU

どうでもいいながらちゃんと観た日本戦

なんというかこう、縦パスがしっかり入るあたりでコレやれるなって感じがあったんだけれど、マジでサンドバッグみたいに立ち上がってくる日本良くやったし凄い。ぶっちゃけ縦パスが入るメカニズムとかは全然わからない。専門家じゃないしサッカープレーしたことも体育くらいしかない。でも、素人観戦を続けた中での帰納法的な推論として縦パス入ったらいい形になる。あれがスパスパ決まった今試合は観てて楽しかった。

ポーランド戦でぶいぶいしてたゲイエがどうも消えていたところをみると、日本の守備がちゃんと機能ていたんだろうなと思う。そしてどうやらエンディアイエって名前はセネガルに多いらしい。「佐藤」でさえ日本代表にいないのに、3人エンディアイエがいるセネガルのエンディアイエ率は特筆すべきものがあるのは間違いない。身体能力よりもエンディアイエ。

セネガルにがっぷり四つで力負けしなかったし、この間コロンビアに勝ってるところを見ると戦前のしょんぼりムードはなんだったのかと思ってしまう。確かにハリル解任で見えなくなったものもあるのだろうけど、なんやかんやで結果が全ての世界だ。仕事もスポーツも。勝利の前には全てが言い訳になってしまう。良し悪しはあるのだろうけど。いいとして、問題は次のポーランドでどうかである。コロンビアとポーランドがどうなるかによりけりでだいぶ風向きは変わる。

コロンビア、セネガルとやってきた流れでポーランドと当たるとドギマギしやしないか。欧州勢のサッカーはわかりやすい分、普通に計算できちゃう恐ろしさがある。コロンビアとか確かにめちゃ強いけどムラがあるのだろうし、セネガルも立ち上がりの鬼攻めに殺されそうになったけどフィールド中央の守備がグスグズだったっぽい。けどポーランドにそういうのはない。バチバチに軍隊サッカーしてくる。東欧って真面目なイメージもあるし。セネガル~ポーランドの時はセネガルがゴリった結果レバンドフスキまで配給が回ってこなかったけど、日本が普通にサッカーしたらレバンドフスキまでボールいく。マジ怖い。マークの数とかじゃない世界の住人と普通にサッカーしちゃいけない。

だからなんだ、計算できてしまう分ポーランド戦が苦しいんじゃないかって話をしたかったんだっけ。エンディアイエ。

寝ンディアイエ。

スポンサーリンク