徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

誕生日

みなさんに誕生日があるようにこのブログにも誕生日というのがあるわけで、今確認したところ2014年の6月6日がそうらしい。悪魔でも召喚できてしまいそうな日付である。もう少しいい日取りを選んであげればよかった。

3歳と少し。僕のサラリーマン街道を共に歩んでくれている盟友も随分と大きくなってきた。幼稚園にそろそろ入園させなきゃとも思う。昨今の保育事情を伺うに、なかなか厳しそうではあるが。3年とちょっとの間に認めた文章は昨日までで811本。かくれんぼするときだって811も数えない。つーかこれまでの人生の中で811まで数えた経験がない。本当に塵も積もれば山となった。

もう文句なしにこのブログは財産だ。今僕がこの世から忽然と姿を消したとして、このブログは残る。勝手に懐かしんでくれるもよし、忘れてくれるもよし。どちらにせよ選択肢を残せるのは嬉しいことである。

でも本当に書いてしかいないので、その他諸々に関しては全くもってのノータッチを極めている。

どうしてもやりたいのが記事を整える作業だ。

811の記事がめちゃくちゃに散らかっているのが現在の弊ブログである。それも平積みで積み重なって散らかっているので、過去の話を引っ張り出すのがこの上なく面倒臭い。でも、昔に書いた記事の中にもフェイバリットなのがあったりして、なんとか日の目を当てたい気持ちがある。

記事の整理してやりたいんだけどマジで本腰入れないとできないのが目に見えている。繰り返しだが811記事だ。大掃除に等しい。

というわけで、今のこのクソ忙しい時期を乗り越えた先、このブログを一つ羽ばたかせてやろうと思う。日本語以外の言語がわからない人間なりに踏ん張ってみようと、三年目にして思う。

さて、一つ覚悟を決めたところで、目の前に集中する。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});