徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

MENU

中華料理屋おかわり事変

大盛り無料なら大盛りにするし、おかわり自由ならおかわりをする。ビュッフェでは全種類の食べ物を食べてやりたいと心から思うし、飲み放題だと泥酔してやると気合をいれる。そんな人間である。浅ましいと思うなら思うがいい。一生懸命生きているのである。

 

中華料理店の定食をイメージしてほしい。

ご飯に中華スープ、ザーサイ、メインのお皿。全部揃って700円。ランチタイムじゃなくても定食提供するよ!

そんな店が多い。

で、だいたい決まってご飯がおかわり自由。

ご飯が、おかわり自由。

 

そういったわけで、中華料理店に入って定食を頼むと高確率でおかわりをする。おかずを減らすスピードをうまく調整しながら、ご飯2膳は食べる。

 

今日、出先で中華料理店に入った。

16時過ぎの遅い昼食。ランチをやっている店はなく、チェーン店に入るのも面白くないから…と入ったのが駅前の中華料理屋。定食色々700円均一で提供されていた。普段は弁当を持っているのでアレなのだが、本日は予定過密により弁当を持っておらず、当然のように中華料理屋に吸い込まれていった。

キクラゲと卵と豚肉炒め定食。

あの、中華料理屋によくある「〇〇炒め定食」のオンパレードの中から、自分じゃ絶対使わないキクラゲを使ってくれている定食を選んだ。栄養摂取。

定食500円台の価格設定をしている中華料理屋も少なくない中、700円という現実的な値段設定の定食。きちんと美味しかった。化学調味料どーん!って感じの味ではなく、ちゃんとオイスターソース使って炒めました感のある丁寧な味だった。

もりもり食べていた。

 

店内は空いており、カウンターの三つ隣辺りにサラリーマンが一人いた。

彼がおかわりをした。お茶碗をクイッと上にあげるジェスチャーでスマートにおかわりを決める。常連かのような洗練された所作。

 

僕は思う。ここはおかわり自由の店なんだ。この人はその仕組みを知っているんだ。

順調に配分通り、半分を残してご飯1膳目を終えた。

 

お茶碗クイッ!

すると店員さんがやってきて、すっとお茶碗をとっていく。

ついでに伝票もとっていく。

 

伝票…伝票?

 

何事もなくおかわりが運ばれてきたのと一緒に、伝票も付いてきた。

ライス200円

 

震えた。おかわりじゃなかった。僕はキメキメのお茶碗クイッにて、単品のライスを注文していたらしい。全くもっておかわりに対応していないお店であった。

メニューを見ると、半炒飯も200円。餃子も200円。

そっちの方が良かったじゃん…なんで白米頼んだねんな…

猛烈な後悔を抱きながらかきこむキクラゲ、飲み込む豚肉。

 

例の小慣れたサラリーマンが席を立ち会計に向かったため、耳をそばだてた。彼も取られているんだろうか。彼もクイッでライスを注文していたのだろうか。

 

ライス200円〜

 

ライスだった。まごうことなきライスを注文していた。

僕もやっちゃったよ!君につられてやっちゃったよ!

 

700円の定食が思わぬところで900円定食に変貌したのであった。クイッの手前クーリングオフもする気が起きなかった。

教訓として、おかわり前に自由なのか確認する。周りの空気に流されない。

以上を学んだ、貴重なランチタイムであった。

スポンサーリンク