徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

MENU

ここのところの話

閑散とした駅にいる。無人駅で、PASMOをタッチしようがしまいが誰もなにも言わない。7月もまだ盛りの空気は相も変わらずぬめっとしていて、吹きっさらしのホームでは佇んでいるだけで汗が滲む。この時間ですら、上り方向の電車はひどく少ないようだ。下りは…

思わぬプレゼントと最近の睡眠について

泣く子も黙る熱帯夜が続いている。呼気も吐息も変わらぬ温度、変わらぬ湿度。そんな中、駅からギリギリ徒歩圏内15分強を全速前進で家路につくのである。汗だくだく、ズボンは汗でペタペタ肌にくっつく。今僕の不快指数はいくつでしょうか。どうなんでしょう…

寝ないで大丈夫なやつがあってたまるか

全然2時間睡眠でも大丈夫! とかって宣う人がある。虚勢か事実か知らないけど、決して少なくない数いる。 昔は1日くらい寝なかったからって全然平気だったんだけどなー って人も、また同じ数くらいいる。これは多分本当なのだろうけど、同じセリフを20代後半…

30くらいで結婚しそう〜

終電の山手線。新宿から渋谷、品川へ向かう電車の中。そこそこに気を使った飲み会が終わり、ぬるぬると明日のことも考えながらの帰り道。向かいの席には、女性2人と男性1人のグループ。閑散とした車内で比較的ゆとりを持って着座している3人が、ざっくばらん…

サウナだと思い込ませる

古くはサザンオールスターズ、TUBE、ORANGE RANGE、湘南乃風と脈々続いてきた夏の系譜バンドがアップを始めているであろう。いよいよもって、夏である。夏が到来してしまった。最低気温が25度、最高気温が32度。高血圧のおばちゃんみたいな気温のせいでゆで…

京都と結婚式と、僕の生きづらさ

京都。結婚式だった。 小中との同級生が新郎。学区も一緒で、小学校はよく一緒に通っていた。だからと言って毎日一緒に遊ぶほどかといえばそこまでではなく、ほどほどの距離感で6年間が終わっていった。いよいよ仲良くなったのは中学生になってからであった…

再び、京都へ

今回は、小中学校の同級生の結婚式。この半年で7件の結婚式が控える中、そのオープニングを飾る式だ。皆の幸せの門出はすなわち、僕の財布からの諭吉の門出です。そろそろ祝われたいわ。なんとかしてくれ。ここ最近、毎年京都に行っている気がする。今回に限…

酔っ払っているからこそ書ける死刑制度について

夕方、同僚のお姉さまから一連のオウム事件に関わった死刑囚達の刑が執行されたと聞いた。それまで一切知らなかった。今の子はワイドショーとか朝のニュースとかみないの?って言われた。案外今の子はみないのかもしれないです。反省します。 それはそうと今…

凄く凄い

凄く は形容詞や動詞にくっつくけど、凄い は名詞にくっつく。最近はこの垣根が限りなく曖昧になってきていて、とりあえず「凄い」で全部賄ったれ的なそれが凄くある。でもこれ、ら抜き言葉のようにだいぶ凄いも肯定されてきていて、凄い上手いとか凄い寒い…

良い夢見たけどきっつい

冗長なインタビューはいらないんだと思う。 殻にこもらないで、ちゃんとパス繋いで縦に入れてベルギーとばちばちにやりあって、負けた。日本が勝利へ貪欲になったグループリーグの突破の末に、ある種日本らしい負け方をした。美しい負け方と言われるだろう。…

スポンサーリンク