徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

MENU

卵卵ララ卵卵卵 卵卵ララ卵

湿度98パーセント。白ごま色の雲が圧力鍋の蓋のように天に覆い被さり、湿気の逃げ道を塞ぐとともに更なる湿気をもたらしてくれている素敵な土曜日。口元を湿った布で押さえつけられたような息苦しさとともに目覚めた僕は、不快指数の魔の手によって眠りの淵…

4分遅れに苛立つ僕らに

嘘のように複雑な電車網が張り巡らされている東京では地上地下問わず恐ろしい数の到着と出発が絡み合っており、些細な不具合によって遅れが発生する。時間にしてわずか数分。その数分に対して苛ついて悪態を吐くサラリーマン。この光景は割とよく見る。サラ…

なるほどAmazonこれは危険だ

最近いよいよ使い出したAmazon。最初は大先輩の送迎会に使う赤いちゃんちゃんこを至急取り寄せるために使用した。今年の一月のことである。その時うっかり契約してしまったAmazon Prime。これまではPrime Musicで音楽を聴いたり、プライムビデオで映画を見た…

ギターボーカルという絶対正義

問答をする隙間すら与えず、泣く子も途端に口をつぐみ、悪代官だって紋所を突きつけられたようになる存在、それが、ギターボーカルである。ことバンドにおいて、ギターボーカルの存在感は百発百中で当たる一撃必殺技の如き殺傷能力を備え、民主主義的解決を…

読書食育大事土台

本を読んだ後に文章を書こうとすると、文体が読んだ本に引っ張られていく現象が起こる。特に語彙力でぶん殴る類の文章を拝読した直後というのは、自分の語彙の限界にチャレンジしたくなってしまう。まとまりのない文章が産み落とされ、言葉数とまとめる力の…

目下脱皮中

この間ちょろっと海に行ってブワッと浮かんでザザっと泳いでジジっと日焼けしたところ、今ものすごい勢いで皮膚が剥けてきている。帯状疱疹からの完全復活を目して向かった海だが、しっぺ返しを食らった気分である。赤みが引いて、色が落ち着いて、褐色の肌…

バカになる技術

バカになるというと多少語弊を生むかもしれない。恥ずかしさの障壁を取っ払う技術と考えてほしい。これが上手い人ほど人生が楽なんじゃなかろうか。恥ずかしさの障壁とは何か。例えば、幼少期を思い出してほしい。あの頃行ったデパートの屋上や遊園地の広場…

andymori「投げKISSをあげるよ」は大丈夫じゃなきゃ聴けない

小山田壮平という稀代のロックンローラーを擁して、3年くらい前まで活動したバンド、andymori。命を燃やし尽くして歌を吐き出している感じがどうしようもなく好きで、解散しようが壮平が死にかけようが新しいバンドを立ち上げようが聴いている。 彼らの三枚…

汗っかきになった

ここのところの汗の量が普通じゃない。こんなに汗かく体質じゃなかったと思うんだけど、それはもう凄い。シャツの色が変わって仕方ない。例えば今なんか群青色のシャツを着ているのだけれど、紺と群青の迷彩柄になって行っている。刻一刻と。皮膚に感覚を集…

ながらリステリンの恐怖

歯磨き粉党に離党届を出し、リステリン党に入党してから久しい。液体歯磨きはびっくりするくらい口腔内をリフレッシュさせてくれ、ブラッシングも組み合わせると無限の可能性が拓けていく。兎にも角にもスッキリする。 リステリンの優秀なところは、口の中全…