読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然雑草

踏みつけられるほどに育つ

稀勢の里が勝てた理由とは

稀勢の里が13日目に負った怪我を押して土俵に上がり続け、優勝を果たすというなんともドラマチックな出来事が起きた。それも横綱になりたての場所でである。事実は小説よりも奇なり。籠池も言っていたから間違いないだろう。

13日目の取組後、誰もがこれはダメだと思った。痛がり方が尋常じゃなかった。稀勢の里はなんとも無骨な力士である。彼は場所前の稽古中に眉の上を12針だか縫う怪我をしているのだが、「こんなん怪我のうちに入らん」って、いつもの不敵な笑みを浮かべ続けていた。その稀勢の里がのたうちまわって動けないほどの痛みとはなんぞやと。筋肉か腱かが昇天してでもいないとあんなに痛がらんぞと。それまで優勝戦線の戦闘を走っていた稀勢の里だったが、大関時代の惜しい流れを彷彿とさせる嫌な負け方であった。案の定14日目も鶴竜にあっさり寄り切られ、千秋楽も気迫で土俵入りするけど負けるだろうムードが場所中を包んでいたはずである。

でも勝った。

一敗の照ノ富士に土をつけて2敗で並び、優勝決定戦で再び照ノ富士を叩きのめした。仕事で見られなかった。悔しい。

稀勢の里は勝利後の優勝インタビューで、自分の力以上のものが出た。見えない力が働いた。と、やはり籠池じみたことを言っていたのだが、こればっかりはそう感じる人が多いと思う。政治力でも八百長でもない、何か不思議な見えない力が勝たせてくれたと。

でも僕は思う。稀勢の里は多分照ノ富士を蹴散らせるくらいに強いのではないか。段違いの力を持ってして、ねじ伏せたのではないか。

大したレベルで競技をしていたわけでもないし、まして格闘技とはかけ離れた横並びかけっこの世界で生きてきた。10年間の競技生活では奇跡の優勝の場面に出くわすことも度々あり、その度口々に、「気持ちが強い」「気迫で走った」と評したものだった。

気持ちを強く持てるのはそもそも強いからである。そのレース、その相手に、怪我している状態では勝てないかもしれないと一瞬でもよぎった時点であっさり負ける。万全の状態だと一蹴できる相手と手負いで闘って五分五分で、そこに気持ちが乗っかって押し切るのだ。気持ちの勝利のように見えて、まごう事なき実力をもってしての勝利。メンタルも強いが、比ぶべくもなく圧倒的なフィジカルが存在している。


稀勢の里は本当に強い。多分ものすごく。早く怪我を治して、憎まれ役にまで駆け上がってみて欲しい。でもきっもそうは簡単にいかないのが稀勢の里で、それが魅力なんだ。

日経一面にHIPHOPを見た

今日の日経夕刊。

あの宝飾メーカーTASAKIMBOを行うという。MBOとは何か。それは会社経営人が自らの会社の株を買い漁り、株主の元から株をぶんどる事を言う。上場するメリットでもある資金調達力を捨て、株主の機嫌伺い経営から脱却するのが目的とかなんとか。これから攻めます!私、これから攻めの経営に本腰を入れるんで配当とか払っている場合じゃないです!ってことらしい。

なるほど勉強になった。しかしそこじゃない。記事のタイトルである。

www.nikkei.com

 

ネットの記事を貼ってみたが、これじゃ伝わりにくい。

新聞を開いた瞬間に「TASAKIMBO」とデカデカ掲げられている衝撃。それが日経新聞の一面であるという衝撃。「SHAZNAのIZAM」とか、「GLAYのTERU」と同じ字面が日本の経済を移す一大新聞である日経紙面を飾っているのだ。目を疑う。いや、目を見張る。

新聞の見出しには日本語の粋が詰まりがちである。美しい七五調の見出しは声に出して読んでみたい衝動に駆られる。今日は「TASAKIMBO」に持って行かれてしまっているが、一面の小見出しには「シェール増産 高炉後押し」とある。伝説のHIPHOPユニットであるLAMP EYEの楽曲「証言」より3人目の証言者GK MARYANのバースの冒頭部である、「敵は我なり とどけカミナリ」を彷彿とさせる言葉遣いである。しかも紙面上だと「高炉後押し」に続いて、「鋼管2年ぶり値上がり」と続く。「2年ぶり」と「値上がり」で脚韻をバシバシに踏んでいる。

「シェール増産 高炉後押し 鋼管2年ぶり値上がり」

美しい流れだ。言葉の運び方が美しい。舌が持っていきやすい。これはひとえに記者の遊び心によるものであろう。文章のみで巧みなフロウと固い韻を踏みつけていくその筆さばきは、プロの所業以外の何物でもない。

これからももっと楽しませてください。

決意表明から暫し経ち

今の生活のバランスを崩して、自分の興味の赴くままの家を作り、そこで思う存分創作活動に没頭したい。これまでの作曲を覆して、音にしろ何にしろずっといいものを作っていきたい。

 

ktaroootnk.hatenablog.com

 

あれが一時のテンションによりもたらされた熱病のようなもので、なんだかんだ日常が続いてくのかと記事を書きながら薄々考えていたのだが、そんなことはなかった。驚くほどに環境の改変が進んでいっている。

いらないものを捨てまくった結果、45リットルのゴミ袋7つ分になった。服はリサイクルショップに持っていった。不機嫌そうに査定され、これまたやはり45リットルいっぱいの服が700円に変わった。ヒートテックも買えない。暖も取れやしない。

作曲に不可欠なパソコンであるが、21.5インチのiMacの購入を決めた。ノートパソコンも考えたがどうせ持ち運ばないし、デスクトップのほうが高性能かつ安価なものが用意できると聞いため、iMacを買うことにした。作曲ソフトはApple製品には無料でついてくるらしいgaragebandってソフトでも良かったのだが、ここまでこだわって部屋をぶち壊しているのに中途半端なところで妥協して後悔しないようにlogicなるソフトをインストールすることとする。プロ仕様プロ仕様と猛烈に推薦されているので、どんなもんか試してみようと思う。

案ずるより産むが易しとはよく言ったもので、次の粗大の日に家具がなくなったら部屋のレイアウトはほぼ決まってくる。4月末までとか言っていたが、下手したら4月頭には出来上がってるかもしれない。何しろ後は周辺機器整えるだけだ。マイクスタンドとか、オーディオインターフェースとか、そういうやつだ。

 

出費をしないで生きてきた。これまで。大学生活の貧乏性がたたり、資産を溜め込むデフレマインドに侵されていた。社会に出て、雇われながらでも商売をやりだして、少しずつ意識が変わってきているように思う。薄給でも継続的にお金をいただけるようになったことも大きいし、何も日銀券だけが資産ではないことを感覚的に知ったのも大きい。誰が持っても1円が1円なのが日銀券の安心だが、30万円使って整えた環境という資産が40万円になっていればそれでいいのだ。そこには自分という付加価値が加わっていて、誰が使っても1円は1円の資産とは全く違う。株とか、為替とか、債権とか、ある種他力本願ながらもコツコツやれば増やせるタイプのそれではないが、僕にとっては立派な資産になりうる。はずである。

今回の買い物は、ギターを始める時に敢えて高価なギターを買ってプレッシャーをかけることによって長続きさせようとかいった類のそれとは違う。確かなバージョンアップだと信じている。小学1年生からピアノを習いだし、中学に入ってちょっとギターをやりだして、高校でなんちゃってバンドを組み、大学に入ってしょっぱいMTRを繰り返してきた人間の、大跳躍だ。新しい道を模索するのではなく、継続路線で跳び上がる。より良いものを作るために。より良い環境へ。

 

こうやって鼓舞していないと出費が恐ろしい。チキンハートをなんとかしてくれ。